!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

S.H.Figuarts スレッタ・マーキュリー ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.Figuarts スレッタ・マーキュリー ミニレビュー

p200
遅れましたが、今回はS.H.Figuarts スレッタ・マーキュリー ミニレビューになります。




(全体像)
p200p200p200p200
アニメ「機動戦士ガンダム水星の魔女」より、主人公のスレッタ・マーキュリーがS.H.フィギュアーツブランドから発売。劇中では着用場面が多かったホルダーのカラーの制服でフィギュア化されており、フィギュアライズ版とは違い全身塗装済みみでより劇中に近いカラーで再現されていました。

(各部)
p200p200p200p200
頭部のフェイスはフィギュアライズ版よりも少し幅が広い感じでしたがそこまで違和感はなく、頭部の髪の毛は軟質素材が使用されてヘアバンドなdも再現されていました。


p200p200p200p200
ホルダーの制服はネクタイや胸のマーキングなどもしっかりと再現されており、中央のラインや袖の形状なども劇中イメージに近く再現されていました。また背中には魂ステージなどを接続できる穴が設けられていました。

p200p200
脚は太もものショートパンツの衣装部分、ブーツは外と内側のカラー違いも塗装で再現されていました。

(比較)
p200p200
ROBOT魂ガンダムエアリアル、フィギュアライズ スレッタと比較。フィギュアーツ版とエアリアルのほうが少し背が低く、フィギュアライズ版のほうが背が高いですね。
p200p200
フィギュアライズ版とは身長も体型も違っていますが、無塗装だと髪の色なども劇中にはフィギュアーツ版のほうがイメージは近いですね。


(オプション)
p200
ハンドは14種類が付属します。

p200
交換用フェイスは本体をのぞいて4種類付属します。フィギュアライズ版はデカールで表情を自分で変えられるものの、ェイスパーツが塗装済みを合わせてももう一つしかないので、こちらのほうが簡単かつ多彩な表情でディスプレイできますね。

op100op101op102
タブレット型学生手帳とROBOT魂、超合金エアリアルの大きさを反映したミニフィギュアがホルダー制服、ノーマルスーツ版の計4種類付属します。それぞれ詳細に塗装されており、制服版の大きいほうはスレッタの目も小さいながら再現されていました。




(可動性)
p101p102
p100
頭部は前方は襟があり可動域は狭いですが、後ろには40度ほど横には30度ほど傾けることが可能でした。

p104
後ろの結んだ髪は、接続部のボールジョイントで上下左右に可動域がありました。

p200
p200
腕は前後には360度回転可能で横には90度まで上がり、ひじは160度ほどまで曲げることができ左右にも360度回転が可能でした。 袖より下の腕部分もわずかですが前後左右に可動域がありました。

p200
腕は肩から少し引き出すことができ、真正面は無理ですが腕をより前に移動させることができました。

p200p200
上半身は、後ろに20度、前方に30度ほど曲げることができました。

p200
p200
上半身は横には約10度ほど傾けられ、横にも15度ほど回転できましたがあまり可動域はなかったですね。

p200p200
脚は前後に60度ほど前に上げることができ、ひざは120度ほど曲がりました。足首は前後に30度曲がり、つま先はほぼ90度上がりました。太もも下より下は左右に360度回転が可能でした。



(そのほか)
p200p200p200p200p200p200p200
多数のフェイスパーツにより、劇中のスレッタのイメージに近いポーズが可能。魂ウェブ商店限定の(一般制服Ver.)&オプションセットが発売予定ですが、そちらの新規フェイスパーツやハロバイクなども使用しディスプレイするのも楽しそうですね。


p200p200
なんか最終回にかけて、こんなの踊ってたのが嘘のような感じに・・・。フィギュアーツと劇中と近いサイズで飾るならばやはりROBOT魂エアリアルがよさそうですね。

op104op105
ROBOT魂とですがミニフィギュアと。

p200p200
p200
以上、短めですがS.H.Figuarts スレッタ・マーキュリー ミニレビューでした。


(総評)
今回のフィギュアーツ版はフィギュアライズ版よりも劇中に近い造形で、塗装済みということもあり劇中カラーに近いカラーも再現されていました。表情パーツも5種類付属し、後発ということもあってフィギュアライズ版のデカールよりも劇中の雰囲気により近い表情が再現されていました。オプションパーツはスマホやミニフィギュア、多数のハンドが付属していました。気になったのは頭部や腕がそこまで可動域が広くない点ですが、そのほかの部位は高く可動性は高めでした。

TV本編は終了してしまいますが、フィギュアーツではミオリネと一般カラー制服のスレッタ、ROBOT魂ではエアリアル改修型が発売予定です。プラモデルは放送中でもMSは多数出ていましたが、ROBOT魂など完成済み製品でもダリルバルデやガンダムキャリバーンなども出てほしいですね。

それでは短めですが今回はこれにて。



S.H.Figuarts スレッタ・マーキュリー (一般制服Ver.)&オプションセット
ROBOT魂 <SIDE MS> XVX-016RN ガンダム・エアリアル(改修型) ver. A.N.I.M.E.S.H.Figuarts ミオリネ・レンブラン
ROBOT魂 <SIDE MS> XVX-016RN ガンダム・エアリアル(改修型) ver. A.N.I.M.E.
S.H.Figuarts ミオリネ・レンブラン
7月2日23時予約受付終了

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます