!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

ホットトイズ スパイダーマン2 アメイジング・スパイダーマン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ スパイダーマン2 アメイジング・スパイダーマン レビュー

p200
遅れましたが、今回はホットトイズ スパイダーマン2 アメイジング・スパイダーマンのレビューになります。



 

 

(全体像)

p200
ホットトイズより、スパイダーマン2 アメイジング・スパイダーマンが発売となりました。今回のものはスパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム版ではなく、映画「アメイジング・スパイダーマン2」名義のものとなります。 今回レビューするのは、ジオラマスタンドなしの通常版となります。

p200p200p200
全体のデザインは前バージョンと共通していますが、ウェブパターンの間隔が密になったり、スーツのレッドとブルーカラー部分の境目の分割部分も調整が加えられていました。体型も特に問題はなくイメージ通りで、スーツの表面の細かい凹凸などの処理も全体にわたって均一に施されていました。

 

 

(各部)
p200p200p200p200
頭部は少し縦長の形状は同じで目の構造も前バージョンと同じようですが、ウェブパターンはより蜜となり前バージョンにあった額や後頭部部分の接着剤と思われるシミなどもなくなっていました。ただ目はできれば劇中のようにもっと白く見えるようにしてほしかったですね。

 

p200
頭部は概ねは良いのですが、額中央と後ろの中央のウェブパターンが若干ずれているのが残念でした。ここは正確に再現してほしかったですね。



p200
p200p200
胸部のウェブパターンも前バージョンよりも間隔が密となっており、中央のシンボルマークもしっかりと胸部に貼り付けられていました。

p200
背中のスパイダーマークもウェブパターンと同じくしっかりと接着されて再現されていました。


p200
スーツはレッドとブルーで素材が違う境界線では、その境界が目立たないように綺麗に処理されていました。


p200p200p200p200
脚のスーツの縫い目等も特に不具合もなく良い仕上がりでした。

 

p200
足の裏にもパターンが再現されていました。

p200
手首にはウェブシューターが取り付けてあり、前バージョンではこの下にスパイダーウェブを差し込んでいましたが今回は交換用手首パーツのほうに取り付けるようになっていました。またハンドは前バージョンとは違って指先部分だけ交換ではなく手ごと交換する仕様となっていました。

hands
ウェブシューターは専用ハンドに手の付け根部分のパーツを交換して取り付ける仕様となっていました。



(オプション)
add01
頭部パーツは首下の部分まで一緒に交換する仕様と変更されていました。

p200 
素顔のピーターのヘッドを装着した状態です。仕様の変更により、今まで再現できなかった首部分にかかったスーツ部分が再現できるようになっていました。完全ではないですが、交換ヘッド部分との境界もぱっと見はわかりにくくなっていました。

p200p200
ヘッドは「アメイジング・スパイダーマン」版に付属していた演じたアンドリュー・ガーフィールド氏の交換用ヘッドと同造形ですが、塗装は鼻の下部分に少しひげが生えているように塗装が施されているようでした。

p200p200p200
造形は新規ではないもののそこまで悪くはないですが、劇中はもっと髪の毛も多かったのでそれを再現したものではなかったのは残念でした。


p200
素顔ヘッドはあまり前後には動きませんが、左右には大きく回転させることができました。 ただ通常ヘッドと同様に、頭部を動かす際に胴体から外れやすいのが残念でした。

 

(オプションパーツ)
p200
スパイダーウェブは形状はインテググレーティッドスーツと同じものがセットで付属していました。
p200
ハンドは本体付属の握りに加えて、13個付属します。前バージョンとは違って、手をまるごと交換する仕様となっていました。 またスパイダーウェブ射出再現用交換パーツが二つ付属しました。

脱いだマスク

p200
脱いだマスクも付属し、形状はホームカミング版などと似ていますが、目の部分やウェブパターンがアメイジング版に合わせて変更されていました。


スタンド
p200p200
スタンドは支柱がフレキシブルピラー式となっており、台座部分には映画のタイトルとスパイダーマンのシンボルがあしらわれた者になっていました。 

 

 

 

(可動性)
p200

p200p200p200
首は結構硬めで胴体と外れやすいこともありますが、ある程度動かすと前後左右に大きく動かせるようになりました。ただ頭部を胴体にセットしたまま動かそうとすると、胴体と外れてしまいやすかったのが残念でした。

p200
肩はクリック式関節となっており、上には約120度ほどまで上がり、前後には180度まで回すことができました。

p200
ひじは120度ほど曲がり、スーツの干渉で少し戻りますが、肩から腕を引き出して腕を正面に向けることができました。

p200p200
腰は前後にクリック式となっており、前方よりも後ろに大きく反らせることができました。

p200
左右には約50度ほどまで上半身が回転が可能でした。ただ上半身は前バージョンとは違って左右に硬く傾けることができませんでした。

p200
p200
脚は前方にクリック式で90度ほど上がり、後ろに約80度まで上がりました。脚は横にもクリック式で80度まで上がり、足首は前後左右に広めの可動域画あり接地性は高めでした。

p200p200
前バージョンと同じく、つま先は少しだけ上に動かすことができます。

 

(そのほか)
p200

p200p200p200p200p200p200p200p200p200p200p200p200p200p200
3人が会するシーンの再現のための指先ハンドも付属。演じたアンドリュー氏はそこまでアメスパ2のイメージから離れているわけではなかったですが、髪のボリュームなども違うので新規ヘッドがないのが残念ですね。



p200
p200 
最後は初めてポータルから現れたときのあいさつのポーズの感じで。


以上、ホットトイズ スパイダーマン2 アメイジング・スパイダーマンのレビューでした。

 

(総評)
良かったところ
スーツはウェブパターンが細かくなり、ハンドも交換式に変更された
新規素体によりクリック式関節が増え、ポージングはよりしやすくなった
前バージョンにはなかった素顔のヘッドとの交換が可能となった

気になったところ
頭部ウェブパターンの乱れ
頭部を動かす際胴体から外れやすかった
頭部の目が劇中通り白くしてほしかった


映画「スパイダーマン ノーウェイホーム」からではなく「アメイジング・スパイダーマン2」からのリリースとなったアメイジングスパイダーマンですが、
スーツのデザイン再現の改良やハンドの変更により、前バージョンよりも改良は加えられていました。
また新規素体によりクリック式関節による安定したポージングが可能となり、
頭部を首の下部分からの交換できることでマスクを脱いだ状態をより劇中に近く再現されていました。

一方、頭部額部分や後ろのウェブパターンが前バージョンほどではなくとも乱れており、値段も大きく上がったのだからこれはしっかりと再現してほしかったですね。
また頭部を動かす際胴体から外れやすかったことや、マスクヘッドの目が劇中よりも暗い色などが気になりました。
あと私の購入分だけかもしれませんが、前バージョンではできた本体の上半身が左右に曲げることができなくなっていた点が気になりました。

以前のものよりも改良されている点も多かったですが、頭部のウェブパターンの乱れや目の色、ピーターヘッドが新規でないなど気になる点がありました。そのためこれらが気になる人で前バージョンを持っている人は無理に買わなくてもいいと思いますが、前バージョンを持っていない人や素顔で3人のスパイダーマンを揃えてノーウエイホームの場面を再現したディスプレイがしたい人は購入を検討しても良いと思います。

今後ノーウェイホームからは、トビースパイディやドックオック、エレクトロ、グリーンゴブリンなどの発売が控えています。個人的にはほぼ新規となるトビースパイディの完成度が気になります。

それでは今回はこれにて。


(広告)


アメイジング・スパイダーマン (駿河屋)
(楽天) (yahoo)(amazon)
アメイジング・スパイダーマン&リザード(ジオラマ台座) (駿河屋) (楽天) (yahoo)



(前バージョンのレビューはこちら)
ホットトイズ アメイジング・スパイダーマン2 スパイダーマン レビュー
ac09

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます