!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

S.H.Figuarts ウルトラマント  ミニミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.Figuarts ウルトラマント  ミニミニレビュー

ss02
今回は、S.H.Figuarts ウルトラマント ミニミニレビューになります。



(全体像)

p200
S.H.Figuarts ウルトラマントが魂ウェブ商店限定で発売されました。以前にもウルトラ6兄弟対応のブラザーズマントや、ウルトラマンゼロ対応のゼロマントが発売されています。

p200
ブラザーズマントは買いそびれたので比較できませんが、ゼロマントはブルーのサテン生地だったのに対して、レオマントはナイロン生地で外側はグレーで内側はレッドカラーとなってました。素材により、今回のマントはゼロマントより薄くできていました。

 

(各部)
p200
マントは肩部アーマーと交換用のレオ胸部が一体化しており、肩と胸部の塗装も良好でした。


add04
マントの胸部パーツの裏にある矢印の3つの部分を、胸部アーマーを外したレオ本体に胸部、背中にそれぞれ取り付ける仕様となっています。

add03

add01
写真の通りに、レオ本体に取り付けます。ただ私の購入分では胸部をはめてから背中をはめようとする際にはかなり後ろに引っ張りながらはめないとうまくいきませんでした。


p200

p200
装着状態。レオ本体にしっかりと接続できているので、装着したままフィギュア本体をスムーズに動かすことができました。

add05
マントは縁にワイヤが仕込まれているので、自由に形状を変えることができました。

 

 

 

(そのほか)
p200

p200

p200

p200

p200

add07
マントを脱ぐ。レオマントといえばこれを与えたウルトラマンキングのフィギュアーツ化はまだですが、彼はマントがデフォルト装備なので出るならば本体に付いてきそうですね。


p200
最後に師弟で

以上、S.H.Figuarts ウルトラマント ミニミニレビューでした。

 

 

 

(総評)
今回のウルトラマントはゼロマント等と同様にワイヤが仕込まれており、自由に形状を変えられ躍動感あるポーズをつけることができます。マント装備する際には私の購入分では少しやりにくかった感がありましたが、一旦装着できるとフィギュアを動かす際にも外れたりせず取り扱いやすかったです。ただオプションパーツもなくマント本体だけなので、レオの交換パーツやレオブレラなどもあるとよかったですね。


ウルトラマンアーツは真骨彫のガイアV2が12月に予約開始予定ですが、ウルトラマンキングやウルトラの父など昭和シリーズも少しずつでも出るといいですね。

それでは今回は短めですがこれにて。



S.H.フィギュアーツ ウルトラマント(amazon)(メルカリ)


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます