!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

CCSTOYS 鉄魄 [MORTAL MIND] シリーズ サイバスター [精霊憑依Ver.] レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

CCSTOYS 鉄魄 [MORTAL MIND] シリーズ サイバスター [精霊憑依Ver.] レビュー

 

top
遅れましたが、今回はCCSTOYS 鉄魄 [MORTAL MIND] シリーズ 『スーパーロボット大戦OG』 サイバスター [精霊憑依Ver.]のレビューになります。





(全体像)
a02
CCSTOYSより、グレートマジンカイザーに続き「スーパーロボットOG」サイバスター(精霊憑依Ver.)が発売されました。今回はOG版ですが、サイバスター自体は「魔装機神」というシリーズでバンプレスト(現バンダイナムコゲームズ)のスーパーロボット大戦に初期から参戦しているオリジナル機体になります。

a03
a04
p200
今回のバージョンは精霊憑依状態でありサイバスターが操者(マサキ=アンドー)と精霊と一体化した状態で、以前のスパロボでは気力の値が高くなったことで発動して防御力や運動性などが大きく向上した効果があったと思います。フィギュアでは全身がシルバーのメタリックカラーで、通常のサイバスターより西洋の甲冑のような質感と重厚感が再現されていました。

造形は予約時のサンプル画像から大きな違いはなさそうで、以前のゲーム等のサイバスターのデザインと比べると肩部分の形状とクリアーパーツ部分が大きく違いますがサイバスターのイメージは崩さず立体化されていました。

 

(各部)

p200
p200
頭部は形状は以前のサイバスターのイメージから離れずデザインされているように見え、アンテナもCCSTOYSおなじみのシャープな造形で再現されていました。ただ私の購入分では一部に欠けがあるのが残念でした。
p200
襟部分の鷹の目のようなデザインも再現されていました。また左右の突起も別パーツを取り付ける仕様で再現されていました。ただ肩の形状は初期のサイバスターにはない肩中央の別パーツをマグネット取り付け仕様で、肩の下のブルーのエフェクトパーツは取り外し不可になっている違いがありました。

add02add04
頭部は結構下から見ないと目が見えないのですが、目の部分はメタリックグリーンで塗装されていました。

p200 
腹部は別パーツをマグネットで接続し、腰には5枚のサイドアーマーが取り付けられていました。
 
p200
p200
肩から伸びるサイバスターのウイング?もシャープに再現されており、腕の関節部分にはダイキャストパーツが使用されていました。

p200
p200
両腕には別パーツのコスモノヴァリアクターが取り付けられます。

p200
脚部も塗装は上半身等と同じくシルバーカラーが主体で、クローはイエローカラーでの塗装が施されていました。かかとと足は別パーツとなっており、脚から取り外すことも可能でした。

p200
p200
主翼は裏面にも造形が再現されており、インテークのような部分の内部形状も詳細に造形及び塗装されていました。


p200
背部エーテルスラスターはバーニア部分のメタリックゴールドで塗装され造形も細かく、背面の突起や背骨のような形状もリアルに造形されていました。

 
add500
サイバードの機種となるテールヘッドやサイドアーマーも別パーツで本体に接続する仕様で、脚後ろのバーニアのような部分も細かく造形されていましたちなみに私の購入分ではサイバードの頭部が逆方向に取り付けられており、180度回転させる必要がありました。

 

 

(オプションパーツ)
ディスカッター彊
p200
p200
p200
ディスカッター彊は精霊憑依時のみにディスカッターの形状が変化した状態で、通常のディスカッターより刀身中央や柄の形状の変化を再現していました。なお持ち手の下部分を取り外して、ハンドを通すことができます。

add110
ディスカッター用のエフェクトパーツも付属し、ディスカッターを中央部分に刺して、地面に剣を突き立てて構えるような状態を再現できます。

p200
p200

コスモノヴァリアクターは表はシルバー塗装でウラ面はパープルカラーになっており、裏面も電池は露出していますが周りにモールドも施されていました。

 


p200
ラプラスデモンモード再現用エフェクトパーツは2つ付属し、ふくらはぎに取り付けます。

add501
こちらのパーツも二つ付属し、それぞれ展開したショルダーアーマーの先端に取り付けます。


p200
ハイファミリアエフェクト接続パーツ、ラプラスデモンモード再現パーツ(肩)、上半身パーツ(×4)、上半身パーツ(×2)が付属します。

p200
ハイファミリアエフェクトパーツ

p200
サイバスター、サイバード用ジョイント、オープニングツール、交換用手首(×6)

p200
頭部用LEDライトユニット

 

p200

台座用本体用支柱(長・短)

p200
専用台座は円形で全体に光沢ありのブラックカラーになっており、中央部分に本体用支柱を接続して使用します。横にライトアップ用のスイッチが設けられています。

p200
写真のように先端にジョイントを接続して、サイバスター、サイバードそれぞれのディスプレイに対応できます。どちらも角度調節はできませんが、しっかりと支柱に固定されるので安定したディスプレイが可能でした。

 

 

ハイファミリア

p200

p200
劇中では使い魔のシロ・クロが搭乗してファンネルのように敵に攻撃を仕掛けるハイファミリアも付属します。スパロボ初期の丸みを帯びたデザインではなく、よりリアルでシャープな造形になっています。


p200
p200
ハイファミリアの機首?は上下、左右に傾かせることができ、翼?も上下左右に可動できました。脚?は基部が左右に回転、先端部が上下にそれぞれ可動します。

 
p200

p200
後ろの羽部分は上下に展開でき、エフェクトパーツ用のジョイントを接続できます。

ハイファミリア用魔法陣
p200
ハイファミリア召喚時の魔法陣がクリアパーツで付属します。

p200
p200
ハイファミリア用台座と支柱は接続して、ハイファミリア飛行状態を再現できます。

p200
魔法陣は専用支柱に補助支柱を使用してセットできます。

p200
ハイファミリア後部に接続パーツとエフェクトパーツを取り付けます。

    

add01
p200

 p200
それぞれのパーツを接続して、ハイファミリア召喚状態を再現できます。

 

サイバード変形
p200
p200
ショルダーアーマーを横に引き出して上に移動させます。
add14
エフェクトパーツをショルダーアーマー上部と下部にそれぞれ取り付け、最後に突起部を上に移動させ内部のエフェクトパーツを展開します。

p200
p200

p200
p200
主翼は下に引っ張ることで展開でき、後ろのバーニア?も下に引き下げると中央部が少し展開されます。

p200
p200
背部エーテルスラスターも下に展開できます。

 

p200 
腰側面のサイドアーマーは、左右に引っ張ると左右に分離できます。

 

p200
コスモノヴァリアクターは中央部分のパーツを取り外して、周囲パーツを横に引き出して展開できます。



(サイバード)

p200
p200
p200
p200
テールヘッドを前に移動させ伸ばしイエロー部分を起こし、頭部、上半身を前に押し込み、腕、サイドアーマーの位置を移動、足の爪歩閉じてひざを逆に曲げると、サイバードに変形完了します。

p200
p200
変形は難しくはなかったのですが、私の購入分ではバードヘッドのイエローの部分が勝手に下がりやすかったのと上半身の関節部が前に傾けた状態でロックしにくかったことと、ひざ関節が結構硬かったので曲げにくかったの点が気になりました。

 

ラプラスデモンモード変形

p200
p200
ふくらはぎ部分を左右に展開し内部パーツを取り外し、エフェクトパーツを取り付けて上にスライドさせるもしくはオープニングツール等を使ってスライドさせると、下部分のアーマーが上に展開されます。

 

ラプラスデモンモード
add10add11add12add13
劇中では最強必殺技アカシックノヴァを放つときの状態であるラプラスデモンモードも再現できます。

(ライトアップギミック)

p200 
目のライトアップには、首の基部にLEDライトユニットをセットします。

p200
目をライトアップするには、頭部の後ろのトゲ?を下に押すことでONOFF可能でした。ただ私の購入分では、ヘッドを前に倒した状態じゃないと操作できませんでした。目のライトアップは、ブルーにライトアップされます。

p200
p200
p200
p200
ほかのライトアップ発光部分を押すことで、ライトアップがスタートします。どれもかなり明るく発光しますが、どれも約4分55秒近くで自動消灯するようになっていました。電池はCR927が使用されており、複数回点灯を繰り返しても光の量が大きく落ちることもありませんでした。以前の真ゲッターやホットトイズなどはすぐに光量が落ちてしまうのがネックでしたが、このフィギュアではこの点が解決されているのは良いですね。

 

p200
台座は側面のボタンを押すと、天面が魔法陣の形にライトアップされます。もう一回押すと、ライトアップが点滅するようになります。

こちらのほうは単4電池を3つ使っていることもあってか自動消灯機能はなく長時間のライトアップが可能です。長時間点灯させたい人は、コスト面からもエネループ等の充電池のほうがいいかもしれません。

 

 

 

(可動性)

p200
p200
p200 
ヘッドは首が引き出せないのであまり上には可動性は少なめですが、前方にはサイバード変形に対応するために大きく沈み込ませることができました。頭部は左右に45度ほど傾けさせられますが、左右の回転は襟の干渉もあり30度が最大でした。

p200
p200
腕はひじが90度曲がり、肩を軸に腕は360度回転、ひじから下部分も360度回転が可能でした。

p200
肩は引き出して前方に腕を移動させることが可能でした。


p200
主翼は上下と左右に動かせ、左右回転も可能でした。

p200

p200
上半身は前方に30度ほど曲げることができました。ただ主翼が重たいので後ろに戻りがちなので、できればクリック関節など重量に耐えられる仕様だったらさらによかったですね。

p200

p200
上半身は左右に20度傾けることができ、左右にはそれぞれ45度ほど回転が可能でした。

p200
p200 
ひざ部分は約90度ほど曲がり、ひざのシリンダ部分が連動して動くギミックがありました。

p200
脚は前方側面ともに90度まで上がりました。

 

p200
前後4つの胸から伸びる突起(ウイング?)は別パーツを取り付ける仕様で、左右にそれぞれ30度ほど、前方にも30度ほど動かすことが可能でした。

p200
肩から伸びる突起(ウイング?)もポーズにあわせて上下に動かすことができました。

p200
腰のサイドアーマーもそれぞれ30度ほど上に可動域がありました。ただ上げすぎると外れやすかったです。

p200
テールヘッドも上下に90度ほど可動域がありました。

 

あと腕や足は取り外せる仕様になっていました。身体に付いたままだと動かしにくいときなどは便利ですが、しっかりと押し込んでおかないと動かす際に外れたりするので注意が必要です。

 

(そのほか)

p200
p200 

p200
p200
p200
p200


p200
ディスカッターといえば魔法剣エーテルちゃぶ台返しや、乱舞の太刀などが印象深いですね。


サイフラッシュ
p200
p200
マサキ「見せてやるぜ!魔装機神の力ってのをな!」

p200
マサキ「いけぇぇっ!!サイフラァァァッシュ!!!」
p200

 

 

 

スパロボでは味方にダメージを与えずに敵のみ攻撃できるマップ兵器だったサイフラッシュにはお世話になりました・・・。

 

サイバード形態
p200

p200

p200

 

ラプラスデモンモード
p200

p200

p200

p200

p200
p200
劇中ではアカシックノヴァ発動の際のみのモードのようですが、こちらでも少しアクションポーズで


p200
コスモノヴァのポーズはちょっと苦しいですがなんとか腕をクロスさせることは可能でした。
 

add22
add20
add21


add26
add25
アカシックノヴァのパーツもほぼとらせることが可能でした。真ゲッター1のように手に発生したエネルギーもエフェクトパーツであるとさらに良かったですが、そのあとのエネルギー放出状態までは再現できなさそうなのでこれが限界かもしれませんね。

 

ハイファミリアと
p200 

p200
初期のサイバスターはどこからハイファミリアが出ているのはわかりませんでしたが、最新近くの設定では手の前に発生させた魔法陣から召喚させるようですね。


p200p200
過去のスパロボではサイバード形態でもハイファミリアは使ってましたが、確か後ろから射出していたような感じでしたね。

p200
魔装機神は風のサイバスター、火のグランウェール、水のガッデス、地のザムジードと4体存在しますが、人気も強さもサイバスターが抜きん出ているので、多分このシリーズで他3体が出ることは難しいでしょうね。

p200
以上、CCSTOYS 鉄魄 [MORTAL MIND] シリーズサイバスター [精霊憑依Ver.] レビューでした。
 

 

(総評)
良かったところ
高い質感と金属フレームを使用した高級感あふれる仕様
各部可動性は膝部分が硬い以外は問題なく、ディスカッターを持たせたバトルポーズにも幅広く対応
目など8か所のライトアップはワンタッチでONOFF可能で、自動消灯機能があり台座も魔法陣のデザインでライトアップ可能
サイバードに差し替えなしで変形可能で、ラプラスデモンモードも再現可能

気になったところ
私の購入分ではテールヘッドの先端が逆についていたり、欠けがあった

 
サイバスターの精霊憑依状態を再現しており、サイバード、ラプラスデモンモード変形に対応し可動性も高くライトアップギミックも充実しており価格に対して申し分ない内容でした。またライトアップはグレートマジンカイザー以前とは違い連続点灯はできなくなりましたが、ワンタッチで操作でき5分ほどで自動消灯されるので見たい時だけライトアップして電池消費も節約できる点も大きいと思います。私の購入分も不具合やひざ関節が硬い点はありましたが、それがないならばプレイバリューも高く以前のスパロボやサイバスターが好きならばおすすめできるフィギュアだと思います。

ただ市場に在庫は少なくなっているようなので、再販もしくは真ブラックゲッター1のように通常版サイバスターなど出る機会があってほしいですね。CCSTOYSからは先日ガンバスターが予約開始なっていますが、こちらは変形はオミットされていますが造形やギミックなどさらに進化が期待されます。
 
それでは今回はこれにて。
 


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます