!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

S.H.Figuarts 『NieR:Automata Ver1.1a』(ニーア オートマタ Ver1.1a) 9S ミニミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.Figuarts 『NieR:Automata Ver1.1a』(ニーア オートマタ Ver1.1a) 9S ミニミニレビュー

 
 
p200
今回は、S.H.Figuarts 『NieR:Automata Ver1.1a』(ニーア オートマタ Ver1.1a)  9S ミニレビューになります。


 
(全体像)
p200
p200
a03
a04
TVアニメ『NieR:Automata Ver1.1a』(ニーア オートマタ Ver1.1a)より「9S」が登場。アニメもゲームも未視聴かつ未プレイのため比較はできませんが、サンプルとプロポーションはほぼ同じようですが、衣装の裾の模様がサンプルでは未塗装ですが製品版ではホワイトで塗装されていました。
 
(各部)
p200
通常ヘッドは無表情な通常顔になっており、高機能バイザーを装着した状態が再現されていました。

p200 
高機能バイザーの上下の破線のような凹部分も細かく再現されており、頭部も分割部分を髪の形状に合わせてかなりわかりにくくなっていました。

p200
首につけているチョーカーも再現されており、かなり小さいのにバチカン部分の「X」のゴールド塗装も緻密も詳細に再現されていました。

p200
後頭部にはバイザーの結び目もきちんと再現されていました。
 
p200
胸部の衣装のベルトやボタン、バックルなどのゴールドの塗装も精密かつ光沢も高く塗装されていました。

p200
裾部分の模様はサンプルとは違ってホワイトで縁が塗装されており、サンプルとは明確な違いになっていました。
p200
p200
両腕には衣装のしわが造形されており、手首部分には小型のベルトと留め具が詳細に塗装されていました。

bb15
背中のボディバッグは開閉不能ですが造型や留め具も小さいながら精密に塗装されていました。
 
bb10bb14
bb12bb11
下半身は膝上までのパンツ(放熱パンツ?)やその下の脚、靴下?ブーツと再現されていました。特にブーツ部分の金具の塗装は精密に施されていました。
 
 
 
(オプションパーツ)
p200
交換用ヘッドは高機能バイザーを装備した叫び顔が一つ、素顔は普通、笑み、叫びの3種類と専用髪パーツが付属していました。 顔はゲームやアニメを未視聴なので似ているか判断は出来ませんが、アイプリントや口もそれぞれ違いがつけられており色々な表情に対応できます。

p200
ハンドは本体付属の握りに加えて、開き、ポーズ、剣持ち手が左右、左の指差しと平手が付属しました。
p200 
剣(黒の誓約)は形状は2Bと同じですが、刀身がゴールドと色違いになっていました。
 
p200
本フィギュアにはスタンドと台座、ポッド153を先端に接続できる支柱が付属し台座の穴にセットできます。

ポッド153
p200
p200
ポッド153はサンプル画像よりもレッドカラー部分が若干明るく見えますが、それ以外はサンプルに近い造型で商品化されていました。ポッドは付属の支柱を下に差し込み台座にセットしてディスプレイできます。
p200
ポッド153は小アームが前後に可動し、長いアームは本体の接続部位と中間部位のそれぞれで前後に稼働しました。ただ左右に回転には未対応でした。
 
 
 
(可動性)
p200
p200
p200
p200
頭部は後方は可動域が狭く、そのほかはそこそこ曲げられ回転も360度可能でした。
 
 
p200
腕は横には約70度まで上がり、肘は130度ほど曲げられました。まで腕は真上には上げにくいですが前後に360度回転が可能で、肩を軸に360度回転が可能でした。

p200
p200
上半身は前方にはほとんど曲がりませんが、後方には反らすことができ、左右には少し傾けられますが360度回転が可能でした。


p200
脚は服の切れ目に合わせると90度近くまで上がり、ひざは100度ほど曲げられました。脚は腰の接続部を軸に360度回転が可能で、横には左右あわせて90度ほど開脚が可能でした。ブーツは左右に60度ほど回転が可能で、足部分は接地性は低めでしたがつま先が70度ほど上がりました。
 
 
(そのほか)
p200
残念ながらアニメ未視聴のため適当な写真ですいません・・・
p200
p200
p200
ゲームでは手では武器を持たずに空中に浮かせて操って攻撃するスタイルのようですが、アニメでは自分で持っても戦うようなのでそれ風で
p200
p200
add11
p200
p200
p200
add10
以上、S.H.Figuarts ニーア・オートマタ 9S ミニミニレビューでした。
 
(総評)
今回のフィギュアはほぼサンプルに準拠した形状や塗装で商品化されており、顔のの造型や衣装のボタンやベルト、バックルなど細かい部分の塗装が精密でかなり精度高く塗装されていました。オプションも顔パーツは素顔を合わせて5種類付属するので、様々な表情でのディスプレイが可能でした。また2Bと同じく通常スタンドが付属するので、他のフィギュアーツのように別にスタンド用意する必要がない点もよかったですね。一方可動性はシンプルな形状ですがそこまで高くなく、もう少し動かせたらよかったと思いました。

やはり2Bのほうが人気でこちらは現時点では在庫も多いようですが、フィギュアの塗装や造形はかなり細かく再現されているようなのでこちらも現時点では定価より価格も下がっているので2Bとディスプレイしたい人にもいいかもしれませんね。


それでは今回は短めですがこれにて。

 

(広告)

S.H.フィギュアーツ 9S(amazon)
S.H.フィギュアーツ 2B(amazon)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます