!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

METALROBOT魂ライジングフリーダムガンダム ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

METALROBOT魂ライジングフリーダムガンダム ミニレビュー

p200
今回は遅れましたが、METAL ROBOT魂ライジングフリーダムガンダム ミニレビューになります。



(全体像)
パーツ装着前
p200

p200
p200
現在好評公開中の「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」より、主人公「キラ・ヤマト」が搭乗するライジングフリーダムガンダムがMETAL ROBOT魂で発売されました。パーツに装着の本体を見るとメタルロボット魂ブランドということで関節等フレームにはダイキャストパーツが使用されており、劇場版未視聴なので公開画像との比較になりますが劇中イメージに近く立体化されているように見えました。


(各部)
p200

p200

p200
頭部はライジングフリーダム特有の口の造形が再現され、アンテナや細部も細かく造型を呼び塗装されて再現されていました。目はメタリック塗装でかなり明るく反射して見えます。

p200

p200
肩にはコンパスの英文字や、少し簡略化されていますがエンブレムを再現されていました。

p200

p200

p200

p200
胸部のプロポーションも問題なく、塗装やマーキングも丁寧に施されていました。

 

p200

p200
腕部にも各部にマーキングが施されており、肩パーツに隠れた部分のものも再現されていました。

 

p200

p200
腰回りや脚部のプロポーションも良く、脚部分の重量もあるので自立も問題なくできました。

 

 

 

(オプションパーツ)
p200
ビームサーベル用、開き、ビームライフル用の交換用ハンドが左右付属

p200
ビームシールド×2、ビームシールド接続パーツ×2、予備アンテナパーツ

ses02
シールド用ビームエフェクト3種

p200
MA形態スタンド接続パーツ各種、MS用スタンド接続パーツ各種

p200
MAサポートAパーツ

p200
ビームライフル、シールド

p200
ビームライフルはフォアグリップが前後移動・左右に回転が可能で、ライフルマウント用の凸部を展開することができます。

op12
シールド接続部は前後に可動します。

op10
シールドはウイングを展開してビームエフェクトパーツを先端と左右に取り付けて射出状態を再現できます。また、イモータルジャスティスのものとは違って、中央部を展開することができます。

 

op15
シールドの展開部分には、MA変形時にライフルを接続することができます。

 

p200
ビームシールドは腕の赤いパーツを取り外して、接続パーツを使用して両腕に取り付けることができます。

 

p200

p200
スタンドはMETAL ROBOT魂ブランド共通のものが付属。仕様もほぼ同じでした。

 

フル装備状態
p200

p200

p200

p200
背中のウイングパーツなどを取り付けたフル装備状態です。ウイングを取り付けることでボリュームが増しますが、その分後ろに倒れやすくなったのは仕方ないですね。

p200
腰にはビームソードの柄を装着でき、基部ごと回転が可能でした。

p200
シールドは接続パーツを使用して、腕とハンドにセットしてしっかりと装備できます。

p200
ビームライフルは腰後ろにマウントできます。

 

MA形態
p200

p200
背中の機首を前方に引き出し、一部を展開して頭部にかぶせます。脚部分のウイングをそれぞれ展開します。

p200
本体腰と下半身にジョイントパーツなどを接続し、シールドや支柱にセットします。

MA形態
p200

p200

p200

p200

p200
パーツ装着後ウイングの角度を変え、MA形態を再現できます。フォルムは劇中イメージ(映画未視聴なので公開映像と比較ですが)に近い形状を再現できていました。特にパーツが外れやすいなど問題もなく、安定してスタンドで飛行状態でディスプレイできました。

 

なおウイングに重なっているビーム砲、腰のレールガンを展開して、ハイマットフルバースト状態を再現できるのですが、私の購入分ではビーム砲の接続部が外れてしまったので修理対応のため今回は未掲載となります。

 

(可動性)
p200
p200
p200
p200
頭部の可動性は高く、前後にも深く曲げられ左右も問題なく動かせました。

p200
p200
腕は前後に360度回転可能、横には90度まで上げられました。ひじは約140度まで曲げられました。あと腕は肩から前方に大きく引き出すことができ、腕をかなり前方まで動かすことができました。

p200
p200
胸部部分は少し前方に曲げることが可能でした。

p200
腰はかなり横に傾けることができ、左右にはパーツの干渉がありますが40度ほど回転が可能でした。

p200
内側のウイングは少し上方に展開可能でした。

p200

p200
腰のスカートやレールガンなどは上側に開くことが可能。ただレールガンは上げすぎると外れるのが残念でした。

p200
脚は前方に90度上がり、ひざは深く曲げられました。横にはレールガンありだと120度ほどまでの開脚ですが、なしだと180度近くまで開けました。

 

(そのほか)
p200

p200

p200

p200

 

p200

 

p200

 

p200

ss01

ss02

ss03

ss04

p200
イモータルジャスティスと。以上、METAL ROBOT魂ライジングフリーダムガンダム ミニレビューでした。

 

 

(総評)
プロポーションや塗装も劇中イメージを損なわず再現されており、各部の可動性や各パーツの接続もしっかりできるのでストレスなく動かすことができました。また変形にも対応しており、私の購入分では故障ありできませんでしたが通常ならハイマットフルバーストも再現できプレイバリューも高かったです。店舗によっては今も販売されているようなので、今後も入手しやすいのも良いですね。

続いてイモータルジャスティスガンダムのレビューですが、一旦はこれにて。

(広告)

METAL ROBOT魂 <SIDE MS>ライジングフリーダムガンダム(amazon)(駿河屋)(メルカリ)
METAL ROBOT魂 <SIDE MS>  イモータルジャスティスガンダム(amazon)(駿河屋)(メルカリ)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます