!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

フィグゼロ 仮面ライダー第2号(シン・仮面ライダー) レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

フィグゼロ 仮面ライダー第2号(シン・仮面ライダー) レビュー

p200
遅れましたが、今回はフィグゼロ 仮面ライダー第2号(シン・仮面ライダー) レビューになります。
 


(パッケージ)
p200p200
 
p200
第一号と同じくパッケージはウィンドウボックスとなっていました。第一号版ではマジックテープが剥がれやすかったですが、今回のものはしっかりと貼り付けてありました。
 
 
(全体像)
p200
映画「シン・仮面ライダー」より、「一文字隼人」こと仮面ライダー第2号がフィグゼロブランドで1/6サイズで発売されました。第1号と同様にこのサイズではメディコムトイのRAHシリーズですでに発売されていますが、今回はthreezeroからのフィギュア化となりました。
p200p200p200
身長は約32センチと第1号よりも高く造形も基本は第1号と同じ部分が多いですが、頭部のカラーリングの違いや左右腕や脚のホワイトのライン、ブーツの形状などの違いも再現されていました。
 
(頭部)
p200p200p200
頭部造形は基本は第1号と同じで、複眼と顔の真ん中の単眼?がクリアーパーツで再現されていました。目は第1号より明るいレッドカラーになり、顔の中央ラインやクラシャー部分はシルバー塗装になっており第一号との違いが再現されていました。

p200
後頭部のマーキングも第1号と同様に再現されており、髪の毛は一文字が短髪ということもあり長髪の第1号とは違って植毛ではなく造形で再現されていました。

p200p200p200
胸部装甲はほぼ第1号と同じ造形ですが、スーツは両肩から伸びるホワイトのラインをスーツの上に縫製して再現されていました。
 
p200p200p200
ベルトは第1号とは違う変身ベルトタイフーン開閉式安全装置付初期改良型が再現されており、中央のバックル部分のタイフーン周囲の造型がより簡素難デザインを再現されていました。ベルトのカラーはレッドでそれ以外の造形は第1号と同じで、劇中のようにタイフーン閉状態のフタは未付属でした。
p200
ベルト背部には、第1号と同じくLOCKの文字も再現されていました。
 
 
p200
背中の羽のような器官も第1号と造形は同じで、スーツにしっかりと接着されていました。
 
p200
マフラーの材質やカラーは第1号とほぼ同じで、ワイヤが仕込まれており動きに合わせて形状を変えることができました。
 
p200
グローブ上部分は第一号と同様の形状で、弱めですがウェザリング塗装が施されていました。

p200
p200p200
z03 (2)
ブーツは側面の金具等の造形が第一号と異なっており、フィギュアーツなどとは違ってヒール部分は第2号のほうが短い作りとなっていました。同様に足首部分で分割されており、その部分のしわも造形され軽めのウェザリング塗装も施されていました。
 
 
(比較)
p200p200p200
第1号と比較。劇中ほどの差はありませんでしたが、第2号の腹部や脚を長くしたことで二人の身長差を再現していました。
 
p200
1号と同じくクラッシャー部分を下に引き出すことができます。頭部を動かす際に戻りやすいですが、1号よりも2号のほうが引き出しやすくなっていました。
 
 
(ライトアップ)
p200
第1号と同様に、後頭部を取り外して、目のライトアップを操作できます。同じく使用する電池はAG13ですが、未付属なので自分で用意する必要がありました。

p200
p200p200
ライトアップ状態。第1号よりも赤く明るく発光し、第一号の少し薄めの赤色の発光と比べて十分に差別化できていました。
 

 

 
(オプション)
p200
ハンドは本体付属の握りに加えて、ポーズ付き、バイクのハンドル保持用、開き、サムズアップ手が左右それぞれ付属しました。

p200
付属品はジョイント×2、アンテナ×4(二つは本体に使用中)、コートの予備ボタン×4
p200
第一号にもありましたが、足首で分割されていないブーツが付属します。
 
p200p200
ブーツを装着させた状態。第1号では脚のほうのジョイントが外れやすかったのですが2号では改善し、ジョイントが付いたままの脚をしっかりとブーツに差し込むことができました。
 
 
コート
p200p200
第2号のコートは第1号のスェード調ではない違うつるつるした布地が使用されており、デザインやボタンの違いなど新規に作られていました。

p200p200
裏地には下左右に箇所にベルトが設けてありました。これを締めてコート装着時の形状を調節できそうでしたが私の購入分ではベルトが少し破れかかっていたのでちょっとできませんでした。
 
p200
こちらのコートは両側面の裾部分の半分くらいにわたってワイヤ仕込まれており、ある程度形状を変えることができました。ただ第1号のコートのように内側にはワイヤが仕込まれていないので、第1号は1号のコートほど動きはつけにくかったです。ただ劇中ではコート姿ではほとんど戦っていないので、第一号のようにワイヤを使用しなかったのかもしれませんね。
 
p200p200p200p200
コートを着せた状態。第1号と同じくコートにボタンが一か所設けてあるので、前を留めることもできました。

p200p200p200p200
1号と比較。大きさもそうですが布地やデザインの違いもしっかりと差別化していました。
 
 
なお可動性は第1号とほぼ同じなので、そちらのレビューを参照願います。
 
 
 

 

 

 
 
(そのほか)
p200p200p200
p200
 
第1号と対決
p200p200
 
z200
一文字「わかったか、本気を出せよ?本郷」

p200
対峙。ちなみにヘッドは取り外せるので、フィギュアーツ版ではできなかった洗脳解除前も再現できました。
 
p200p200
p200
 
p200
一文字「これがあんたのフルスペックか、いいね!」
 
p200
一文字「おまけに空中だと周囲に迷惑もかけない、あんたもプラーナを溜めやすい うーん、いいね!」
戦いたくないの第1号を攻める第2号
p200
p200
 
p200
一文字「甘いな、本郷!今のオレには戦うことしか頭にない!」
 
脚を折られる第1号
p200

追い詰められる第1号
p200
一文字「つまらん!心ガッカリだ!」
 
仮面ライダー第2号誕生
p200
p200
第2号「オレは今からショッカーの敵、人類の味方、一文字隼人、そして、仮面ライダー!」
 
p200p200p200p200
 
共闘
p200
第2号「やるぞ!本郷!」
第1号「ああやろう、一文字!」
 
p200
p200
 
ダブルライダーキック
p200
 
p200
劇中ではなかったコートのWライダー
p200
以上、フィグゼロ 仮面ライダー第二号 レビューでした。
 

 

 

 

(総評)
良かったところ
第1号より価格が上がったが、プロポーションや造形も良く劇中のデザインの違いや身長差も再現 
可動性も1号同様に高く、マフラーも同じく躍動感あるポーズが可能
目のライトアップやクラッシャー(口)の伸縮ギミックに加えて、劇中のサムズアップ用のハンドも付属

気になったところ
コートに仕込まれたワイヤの数が1号より少ない

 

価格は1号よりも上がりましたが、本体のスーツの再現度や身長の差や付属のコートの再現度も高く、目のライトアップやクラッシャーの伸縮などギミックもあり可動性も同様にありました。また同様に交換用ブーツやサムズアップハンドも付属し、劇中の2号の印象的なポーズも再現できるようになっていました。またクラッシャー部分も1号よりも動かしやすくなっていました。またヘッドが取り外せるので、フィギュアーツとは違ってマフラーがない洗脳解除前の状態でのディスプレイもできるようになっていました。


気になったのはコートは1号のものよりも仕込まれたワイヤの数が少ないので、着たままのアクションポーズは1号よりは形状を変えにくかったです。ただ劇中ではコート着たまま戦っていないので、劇中の再現としてはこれで問題ないかもしれません。


RAHのように柄本佑氏演じる一文字のヘッドがあればさらにディスプレイの幅が広がるのにないのが残念ですが、そのかわりライトアップに対応しておりこちらのほうが安いので、素顔ヘッドで飾るよりマスク装着状態でライトアップできるほうがいい人にはこちらのほうが良いと思います。


今後は第0号、それぞれのサイクロン号が発売予定で、量産型バッタオーグやライダー第2+1号もそのうち予約開始しそうですね。第0号はRAHでは出ていないので、RAHとディスプレイしたい人も欲しい人がいそうですね。


それでは今回はこれにて。


(広告)

フィグゼロ シン・仮面ライダー(でじたみんヤフー) (amazon)(メルカリ)
フィグゼロ シン・仮面ライダー第2号(amazon)(メルカリ)
フィグゼロ 仮面ライダー第0号(amazon)(メルカリ)(あみあみ本店) (あみあみヤフー)(でじたみんヤフー)
フィグゼロ 変形サイクロン号(amazon)
フィグゼロ 第2号用変形サイクロン号(amazon)


(関連レビュー)

フィグゼロ 仮面ライダー(シン・仮面ライダー)レビュー



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます