!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ ミニレビュー

p02
今回は、S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ ミニレビューです。



(全体像)
w01w02w03w04
バンダイスピリッツよりS.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズシャウタコンボが発売されました。ベースは真骨彫タトバコンボに準拠していますが、今までのコンボに含まれない水生生物のコンボということもあり造形は他のものと共通部分が少なく新規パーツが多く使用されていました。前バージョンと比較すると、タトバなどと同様に大柄になって劇中に近いプロポーションになっていました。

 

(各部)
h01h02h03h04h06h08
頭部は新規造形でシャチのヒレのような特徴的な形状再現できており、額や目はクリアーパーツを使用されていました。

b01
胸部のオーラングサークルには、今まで出たコンボにはなかった上からシャチ、ウナギ、タコのデザインが再現されていました。

b02b10b11ba01
肩と甲は電気ウナギウィップ(ポーズ用)で接続されていますが、ウィップは軟質素材でできているので腕の可動性を妨げずに動かせるようになっていました。

b03
手の甲部分は他のコンボとは違って腕部分に固定されており、その下にハンドを少しななめに取り付けるような仕様になっていました。

 

l01l02s01s02l04l03
脚のタコレッグはタコの吸盤の形状を立体的に造形しており、その周囲も綺麗に墨入れされていました。すその部分は軟質素材になっているので、足の左右の可動域を妨げないようになっていました。

(オプション)

 hands
ハンドは本体付属の握り、開き、オーメダル持ち手、電気ウナギウィップ用持ち手が左右、オースキャナー持ち手(右)が付属します。さらにタトバコンボと同様に補助棒も付属していました。

オーメダル
medal01medsl02
オーメダルは、シャチ、ウナギ、タコが表面に造形された新規のものが付属します。


電気ウナギウィップ
load p03
今回の電気ウナギウィップはワイヤが仕込まれておりベンダブル仕様(曲げられる)になっていました。そのため、前作版よりもフィギュアのポーズにあわせてしなるウィップの形状を再現できるようになっていました。

(可動性)
a01
肩パーツと手の甲は電気ウナギウィップ(ポーズ用)で連結されていますが、軟質素材のため前後左右ともに可動域を妨げずに動かすことができました。

a02a03
脚は外側はほぼ新規造形ですが、可動性は前後左右ともに他のコンボフィギュアと同等の可動域を有していました。

そのほかの部位についてはタトバコンボなどと共通部分が多いので、そちらのレビューを参照願います。

S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ タトバコンボ ミニレビュー



またこれらのコンボのフィギュアと同様にコンボチェンジ機能があるので、水生生物の亜種コンボに組み替えることもできます。

(そのほか)
p14z02p04p11p12 (1)p06kick01

 

亜種コンボ(タカウータ)
p20p21p22z01
シャウタの亜種コンボでは電気ウナギウィップの使用が印象的だったタカウータを主に撮影してみました。

p15p01p17
現在所有の真骨彫オーズ一同。タマシーは抽選販売申し込みましたが外れたようでした・・・。あとどれくらい出るか気になりますが、サゴーゾとプトティラまでは最低出してほしいです。

p02 
以上、S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズシャウタコンボ ミニレビューでした。



(総評)
真骨彫オーズタトバコンボをベースとしていますが、ラトラータやガタキリバなどのように共通部分がないこともあり頭部や肩、手甲や脚などは新規パーツが多く使用されていました。電気ウナギウィップはベンダブル仕様になったので攻撃ポーズなどに合わせて形状を調節できる点は良かったと思います。可動性も新規パーツは多いものの他のコンボと遜色のない高さでした。
気になった点ですが、私の場合メダルの交換に付属の補助棒を使用すると先端がすぐに曲がってしまうので、ホットトイズのスティック等を使用してメダルの着脱をしていました。私だけかもしれませんが、できるならば今後は補助棒の先端の強度を少し上げてほしかったです。

必殺技「オクトパニッシュ」の際の「ドリル状タコレッグ」は前回版と同様に付属しないのでオクトパニッシュ再現は今回もできませんが、ウナギウィップを使用した色々なポーズでのディスプレイが可能になりました。また今までのコンボには含まれない水生生物系のコンボなので、コンボチェンジシステムでより多数の亜種コンボに組み替えることができる点も良かったと思います。

オーズの真骨彫もタトバ、ガタキリバ、ラトラータ、タジャドル、タマシー、シャウタと6体発売しています。残るはTVシリーズからはサゴーゾ、プトティラ、映画からはブラカワニ、スーパータトバなどがあります。ブラカワニやスーパータトバまで行くかはわかりませんが、気になるのは前回バイクモードがなかったライドベンダーやバースクローズ(塗装あり)などは忘れずに出してほしいですね。

それでは短めですが今回はこれにて。


真骨彫製法 仮面ライダーオーズシャウタコンボ(駿河屋) (あみあみ)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます