!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼット 対怪獣特殊空挺機1号機 セブンガー ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼット 対怪獣特殊空挺機1号機 セブンガー ミニレビュー

dr01
遅れましたが、今回はバンダイスピリッツ S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼット 対怪獣特殊空挺機1号機 セブンガー ミニレビューになります。

 




(全体像)
s01
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼット 対怪獣特殊空挺機1号機 セブンガーが光る!鳴る!シリーズ、ミニプラに続いて魂ウェブ限定で発売になりました。

p03last100
今までバンダイから出たセブンガーの中でも最後ということもあり、最も塗装や造形にこだわった仕上がりになっていました。

p04
塗装によるボディの質感の再現度は以前の光る!鳴る!のセブンガーよりも高く、各部の凹部分にもスミ入れが施されていました。

光る!鳴る!シリーズセブンガーと比較
vomp
光る!鳴る!シリーズセブンガーと比較。大きさはフィギュアーツ版のほうが小さいですが、塗装による質感の再現や全体のプロポーションはより劇中に近く見えました。さらに光る鳴るシリーズでは軟質素材だった各関節の蛇腹部分が、フィギュアーツ版では一つ一つ分割されたパーツに変更されていました。ただアーツ版には表面には金属パーツは使用されていませんが、光る鳴る版では胸の足にダイキャストパーツが使用されていました。またライトアップや音声ギミックがないのも大きな違いですね。


(各部)
u01
セブンガーの目は、光る鳴るのものと同様にクリアーパーツが使用されていました。

u02u03
頭部の造形は劇中イメージから違和感なく立体化されており、口のスリット部分は小さいながら内部の凹凸も再現されていました。

b01
胴体は胸、腹、腰の三分割されていました。
b03
中央部のゴールドカラー部分にはクリアーパーツが覆っており、腰は光る鳴る版と比べて胴体に対して小さめに作られていました。

b04
腕は光る鳴る版とは違って関節の蛇腹部分が一つずつ分割されたパーツで構成されており、見た目だけでなくより高い可動性が発揮できるようになっていました。

asi01
asi03 (1)asi03
脚は腕と同様に関節の蛇腹部分は分割パーツから構成されており、脚の形状や表面のスミ入れ等もしっかりと施されていました。

last01
背中にはセブンガーの交換用バッテリーがブースターの間に再現されていました。ブースターは光る鳴る版と比べると若干細めの造形になっていました。

last02
脚の後ろからも造形や塗装も問題なし。太もも部分やすねには、軽微なダメージ塗装が施されていました。


(オプション)
hands
ハンドは本体付属の握りに加えて、開きが3種類左右付属していました。

オプションパーツ
op01
交換用バッテリー(残量ゼロ)、眼パーツ交換用補助棒、硬芯鉄拳弾パーツ、交換用腕パーツ、超硬芯回転鉄拳

op03 (1)
交換用眼パーツそれぞれ2個、硬芯鉄拳弾用スタンド&台座

ba
背中の交換用バッテリーは、通常(青)から残量ゼロ(赤)へ交換することができます。

eye01
セブンガーの腕を取り外して交換用腕パーツを取り付け、スタンドに硬芯鉄拳弾パーツを取り付けて発射状態を再現できます。ただスタンドの支柱が短いので、腕の位置にあわせてもう少し長くしてほしかったですね。

dr01
超硬芯回転鉄拳パーツをハンドパーツを取り外して取り付けて、劇中最終回の装備を再現できます。ただ私の購入分ではしっかりと腕にはまらなかったのが惜しかったです。

目パーツ
op03
目パーツは、角度を変えて通常と気合を入れた?目の状態に変更できます。

eye05
目パーツは補助棒を使って後ろから押し出して、本体から取り外すことができます。



eye02eye06
目は気合を入れた目や格納時の状態をパーツ交換で再現できます。


(可動性)
a01a03a04
ヘッドは前方には10度ほど、後方には30度ほど上がり、左右には約45度まで回転が可能でした。

a07
腕はひじが90度、肩は前方に80度ほど前に動かすことができました。腕は上には60度ほどまでは上げられました。

a10
a20
胴体は前後に45度ほど曲がり、左右には30度傾けることが可能でした。

a22
胴体は左右に80度ほど回転が可能でした。

a25
脚腰パーツから引き出すことができ、前方に約70度ひざが約80度まで曲げられました。

a26
脚は左右には150度近くまで開くことができました。
a28
足は前後左右に可動域があり、接地性も高めでした。



(そのほか)
fly
ba01
セブンガー、攻撃開始!
imp02
セブンガーは元はウルトラマンレオに出てきた怪獣ですが、令和に復活して人間が操縦する特空機となるとは意外でしたね。

ba12
硬芯鉄拳弾発射

VSブラックキング
ba16imp01
相手はゼットには出てきませんでしたがニュージェネではよく登場するブラックキングで。

last20

ba02
やっぱり反撃

dr01ba10
超硬芯回転鉄拳で攻撃。劇中では整備班リーダーのバコさん(演:橋爪淳)がセブンガーに搭乗して使用しますが、このドリル風の武器を使うのはやはりゴジラVSスペースゴジラのモゲラのパイロットを橋爪さんが演じたつながりでしょうか。


ba14
バッテリー切れ

w04
DXキングジョーストレイジカスタムと。大きさなど合わないので、ウィンダムとキングジョーもフィギュアーツで出してほしいですね。


w01
w02w10
ゼットアルファエッジと。

以上、S.H.フィギュアーツ 対怪獣特殊空挺機1号機 セブンガー ミニレビューでした。



(総評)
DX、ミニプラに続いて、S.H.フィギュアーツでもセブンガーが発売になりました。以前出た光る鳴る版と大して変わらないかと思っていましたが、実際には塗装による質感の再現はこちらのほうが上でした。腕や脚のジャバラ構造により可動性は光る鳴る版よりも大幅に向上しており、元々劇中でも動きにくいデザインですが劇中に近い動きをとらせることができました。硬芯鉄拳弾、超硬芯回転鉄拳、目の交換パーツによって、劇中を再現できるオプションパーツが揃っていました。
一方気になった点は脚の関節が弱めで自立が少ししにくかったことと、硬芯鉄拳弾のスタンドはもう少し長い支柱にしてほしかったですね。

光る鳴る版のようにライトアップや音声再生はできませんが、本体の質感や可動性は大きく上回っているので、フィギュアーツのウルトラマンゼット関連フィギュアなどと合わせてアクションポーズでディスプレイしたい人はこちらのほうがおすすめです。

今後はウルトラマンゼットのフィギュアーツはゼットオリジナル、ゼットガンマフューチャーが発売予定です。ゼットは人気があるので参考展示のベータスマッシュやデルタライズクローも発売されると思いますが、個人的には特空機のウインダムやキングジョーストレイジカスタムも出してほしいですね。

それでは今回はこれにて。


ウルトラマン関連商品一覧(プレミアムバンダイ)
フィギュアーツ ウルトラマン一覧(あみあみ)
S.H.フィギュアーツ セブンガー(楽天)
S.H.フィギュアーツ セブンガー(ヤフーショッピング)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます