バンダイ SHODO SUPER 超電子バイオマン ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

バンダイ SHODO SUPER 超電子バイオマン ミニレビュー

bio03
今回は、バンダイ SHODO SUPER 超電子バイオマン ミニレビューになります。



(全体像)
レッドワン
red01red02red03red04
超電子バイオマンのリーダーであるレッドワン。5人の中では最も強く、バイオパンチやバイオキック等の格闘技、武器はバイオソードを使用した剣技や銃撃を得意とします。フィギュアの全長は10センチほどで、ヘッド、胸部、ベルトのバックル、腕、 脚のホワイト部分は塗装済みなっていました。ベルト、腕、脚のシルバー部分はシールでの再現となっていました。


(各部)
h01h02h03
ヘッドは5人それぞれのマスクの造形を再現しており、胸部は3人共通ですが塗装やプリントで綺麗に再現されていました。
特に左胸のエンブレム下には「BIOMAN」という文字も小さいながら細かく再現されていました。

b01
ベルトのバックルは塗装済みになっており、ベルトはシールでの再現となっていました。

zz03zz05
腕はホワイトのラインが塗装済みで再現されており、ひじ下にはシルバーのシールを使用してデザインを再現していました。ハンドは交換式で、これは5人同じ造形のものが使用されていました。


l01
脚にはひざ下にシルバーのシールを使用して再現されており、足はボールジョイントで脚と接続されていました。

z01
背中には魂ステージなどを接続できる穴が設けられていました。

zz02
脚の裏側も特に問題はありませんが、太もものゲート跡が少し目立ちました。

グリーンツー
green01green02
グリーンツーはスピードとパワーに優れた戦士で、初代イエローフォーの死後にはサブリーダーを引き継ぎました。フィギュアの全身のボディはレッドワンと同じであり、グリーンカラーとヘッドの造形、ベルトのカラーが異なっていました。

ブルースリー
blue02 (2)blue02 (1)
ブルースリーは水中戦を得意とし、地上でも滑空しての攻撃を得意としていました。ブルースリーもレッドワンと身体の造形は同じですが、カラーとヘッド、ベルトのシールが異なっていました。 ちなみに某香港俳優の名前に近くなるように、ブルーでスリーにネーミングしたとか・・・

イエローフォー
yellow01yellow02 (1)
イエローフォーは初代はミカが変身し、サブリーダで格闘戦を得意としていました。初代イエローフォーは劇中途中で死亡しましたが、二代目のジュンがイエローフォーを引き継ぎました。二代目はジュンの特技であるアーチェリーを生かした専用武器バイオアーチェリーを使用します。
フィギュアは、レッドワンなど3人とは異なるスーツデザインと体型が再現されています。

ピンクファイブ
pink01 (1)pink02 (1)
ピンクファイブは攻撃力はイエローフォーには劣りますが、柔軟な動きを得意としていました。フィギュアはイエローフォーと同様の造形で、ヘッドとカラーの違いが再現されていました。


x09
レッドワン、グリーンツー、ブルースリーと、イエローフォーとピンクファイブは体型の違いが再現されており、全長も少しイエローフォー、ピンクファイブのほうが低く作られていました。


zz02 (1)
足の裏には凹部が設けられており、私は保有していませんが対応する台座があれば安定して立たせることができそうですね。

(オプション)
op01 (1)
hand2
オプションパーツは、バイオソード(剣タイプ、銃タイプ、短剣タイプ)、ホルスター(内部あり、なし)、交換用ハンド

これらの装備はあと4人分付属していました。

op02
バイオソード発光状態が付属し、それぞれメタリックカラーで刀身が塗装されていました。

a12
ホルスターには銃ありなしが選べます。


a15ww02a20
バイオソード(短剣タイプ)(銃タイプ)(長剣タイプ)をそれぞれ専用ハンドにもたせることができます。 短剣と銃はシールでデザインを再現していますが、両面だけで側面には貼られていないので、こだわる人はシールではなく塗装したほうが良いでしょうね。


ビックアーチェリー、バイオアーチェリー
op01
イエローフォーのバイオアーチェリーと、バイオエレクトロンに使用するビックアーチェリーが付属していました。あと写真にはありませんが、ビックアーチェリーにセットする矢(棒)?が付属します


(可動性)
a01a02a03
ヘッドは前方に30度、左右に20度ほど傾けることが可能でした。一方後ろには可動域はありませんでした。

ac01
腕は肩を軸に左右に360度回転します。

a05
腕は横には約100度、ひじは90度曲がりました。腕は引き出し機構などはないので、腕は真っすぐ前方に伸ばすことしかできませんでした。

a07a08 (1)
腹部は前方には30度ほど、後方には20度ほど上げることが可能でした。

a10a08
腰を軸に上半身は左右に40度ほど傾けることができました。下半身は20度ほど左右に回転が可能でした。

hikaku
脚は下に引き出すことができ、脚の可動域を上げることができます。

a11
a12 (1)
脚は前方には90度近く、後方には70度ほど上げられました。脚を引き下げた状態だと、左右には約150度開脚が可能でした。

ac02
脚は太ももより下を左右30度ほど回転が可能でした。それ以上回すこともできそうでしたが、戻しにくくなるのでこれ以上回さないほうがいいかもしれません。

move01
イエローフォーとピンクファイブはレッドワンなどと可動性はほぼ同じでしたが、腕は少し上には上げにくくなっていました。

ac03
一方脚は引き出すとイエローフォーらのほうが120度ほどまで脚を上げることができました。



(そのほか)
名乗り
bioman02
レッドワン「ワン!」
グリーンツー「ツー!」
ブルースリー「スリー!」
イエローフォー「フォー!」
ピンクファイブ「ファイブ!」

bioman04bioman05
レッドワン「超電子!」

bio02
全員「バイオマン!」

bio02 (1)
バージョン2

フィギュアーツでは中々揃わなかった戦隊アーツと比べて、全員揃ったポーズをとれるのがこのセットの魅力ですね。このセットでは、手を合わせた際に使える角度のついた平手まで付いているすごい充実ぶりでしたね。

red02 (1)red10red04 (1)
fire01
劇中で使用したファイヤーソード風で

red122021 (1)
last02

blue02last01blue01yellow02

yellow0340imp0122
イエローフォーは途中交代のため初代と二代目の戦闘スタイルの違いがあったので少し多めで。矢がないのでビックアーチェリーの矢(棒?)で

pink01last03pink02

バイオエレクトロン
vs10

バイオエレクトロン ビックアーチェリー
bio03

VS バイオハンターシルバ
vs02

vs01

バイオマン&バイオロボ VS バイオハンターシルバ&バルジオン
zz01
これだとバイオロボとバルジオンは操縦者がいませんが、自動もしくはピーボーが乗っている感じで

all01
最後にスーパーミニプラバイオロボとバイオドラゴンと
以上、SHODO SUPER 超電子バイオマン ミニレビューでした。



(総評)
スーパーミニプラのバイオロボ、バルジオン、バイオハンターシルバと購入してきたので、最後のバイオマンも購入しました。
以前フィギュアーツで戦隊が出てきた際には5人(それ以上)が揃う前にリリースが終わることも多かったですが、今回のセットでは小型でアーツほど造形も細かくないですが一気に5人揃えられるのは魅力でした。フィギュアの可動性は普通ですが脚には引き出し機構が搭載されて可動域が広めで、劇中の5人でとるポーズなどの再現に対応できます。各種武器の揃っているので5人それぞれ別のポーズでも飾ることもできました。

一方気になったのはフィギュアだけでなく武器などシールを貼る所が多く、すべて貼り終えるまで結構かかりました。あとイエローとピンクの腕が若干外れやすかった点が気になりました。

今後しばらくはフィギュアーツなどでバイオマンが出ることはほぼないと思われるので、バイオマンを5人合わせてやミニプラのバイオロボなどと合わせて飾りたい人はおすすめできるセットだと思います。同シリーズではガオレンジャーも出る予定ですが、できればSMPのガオキングやシルバくらいに塗装済み部分を増やして、シールを貼るところを減らしてほしいですね。

それでは今回はこれにて失礼します。



SHODO SUPER 超電子バイオマン (駿河屋)
SHODO SUPER バイオハンター・シルバ 「超電子バイオマン」(駿河屋)
SHODO SUPER 百獣戦隊ガオレンジャー【プレミアムバンダイ限定】20210715shodoSuperGaoranger_600x144

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます