!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

S.H.Figuarts ドクター・ストレンジ(ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス)ミニミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.Figuarts ドクター・ストレンジ(ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス)ミニミニレビュー

p11 
今回は、S.H.Figuarts ドクター・ストレンジ(ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス)ミニミニレビューになります。





(全体像)
d01d02
d03d03 (1)
本日2022年5月4日より世界上映開始の「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」より、主人公のドクター・ストレンジがS.H.フィギュアーツブランドで発売されました。ストレンジの衣装はマントは前作などと同じものの中の衣装は新規デザインになっており、今回のフィギュアではその違いが再現されていました。

(各部)
h01h02h03
頭部は最近のフィギュアーツの人物フィギュアで用いられているデジタルプリントのようですが、顔の造形は良さげですが陰影が付くとましに見えるものの直にみるとのっぺりしていてサンプル画像から劣化して見えました。

n01b01 (1)
マントを脱いだ状態。今回衣装はエンドゲームなどからデザインが新規のものとなっており、フィギュアでも再現されていました。衣装正面には前作まではなかったライトブルー及びレッドのラインが加えられており、胸のアガモットの目や腰巻は着脱不能ですが細かい造形や凹凸まで再現されており好印象でした。

c02
マントは布製になっており、デザインは1~エンドゲームなどと同様になっていました。縁にはワイヤが仕込まれており、形状をある程度変えることが可能でした。

c01
表裏ともにホットトイズほど精巧ではないものの模様やパターンが再現されており、この大きさでは許容できる出来でした。上部にはストレンジ背中にセットするための凸部が設けられていました。



(オプション)
op01
オプションハンドは本体付属の握りに加えて14種類付属します。

b02 (1)
マントを取り外した状態での穴をふさぐためのふたが付属しており、写真のようにしっかりと背中にセットできました。

op02
エフェクトパーツとして魔法陣2つと蛇のエフェクトパーツが付属していました。


op10
魔法陣のエフェクトパーツは、凸部があるハンドパーツにセットして展開状態を再現できます。ちなみにハンドの凸部分の先端にも魔法陣に合わせたオレンジ塗装が施されていました。

op20
映画を入れていないのでどの場面で使うかはわかりませんが蛇のエフェクトパーツが付属し、ハンドを取り外した腕に接続して発動状態を再現できます。エフェクトパーツは全体がクリアーパーツになっており、先端のへビ頭部部分はリアルに塗装されていました。

op17
付属のスタンドにはアタッチメントを使用してマントをセットでき、浮遊状態を再現できます。

 


(可動性)
a01a02a03a04
頭部は前後に30度ほど、左右には360度回転が可能でした。

a08
腕は横には110度ほどまで上がり前後には360度回転が可能で、肘は120度曲げられました。

a10a11a13
前には40度ほど、後ろには60度ほどの可動域があり、左右に30度ほど傾けることが可能でした。

a14
腰は腰巻の上と下ともに360度回転が可能でした。

c05
衣装で隠れているのでわかりにくいですが脚は少し下に引き出すことができ、可動域を拡張できました。

a16
脚は衣装がありますが柔らかめの素材ということもあり90度近くまで脚が前方に上がります。後ろは45度ほど可動域があり、膝は120度ほど曲がりました。つま先は80度ほどまで跳ね上げることができました。

a17
左右には前後ほど衣装が柔らかくないのですが、なんとか150度ほどまで開脚できました。一方足首は前方には30度ほど可動域がありましたが、左右と後ろの可動性は少なめでした。


(そのほか)
p13p10p12p11p15
この大きさではヘッド以外はなかなか出来は良いほうと思いますが、マントがしっかりと胸の前に固定できないのが残念でしたね。

p17
以上、かなり短めでしたがS.H.Figuarts ドクター・ストレンジ(ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス)ミニミニレビューでした。

 

(総評)
ドクターストレンジはホットトイズ版を購入してきましたが、この映画のものは発売予定もなかったので今回はフィギュアーツ版を購入してみました。大きさは小さいものの衣装デザインの再現や布製のマントの出来も良く、可動性も軟質素材の衣装があまり干渉しないので高めでした。ただヘッドがサンプルよりも劣化しているのと、マント上部を劇中のようにしっかりと胸部上に固定できないのが残念でした。衣装のデザインの再現度や細かさはいいのですが、頭部の出来やマントがしっかりと着せられないのがネックなのでそこが許容できるもしくは自分で改善できるならば購入を検討してもいいかもしれません。

それでは短めですが今回はこれにて。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます