!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

RG ガオガイガー ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

RG ガオガイガー ミニレビュー

gggtop
今回は、RG 勇者王ガオガイガー ミニレビューになります。



 ※ 今回は説明書組立順に含まれた最低限のシールとバリ処理のみで組み立てており、リアリスティックデカールの貼り付けやサーフィサーなどはできていませんがご了承願います。 

(全体像)
ギャレオン 
go01
go02
go03
獅子王ガイ(サイボーグガイ)フュージョンする前の宇宙ライオンギャレオン形態です。ガイガーのプロポーションを重視しているためか劇中のプロポ-ションとは少し違和感があるようですが、ガイガーと同じく可動性は高くしっぽの稼働まで再現されていました。

ガイガー 
gi01
gi02
gi03
gi04
サイボーグガイがギャレオンとフュージョンした形態のガイガーです。ギャレオンから変形させてこの姿となります。プロポーションはガオガイガー基本なこともありギャレオンとは違って劇中にかなり近く再現されていました。

gg09
顔の造形は劇中とも違和感なく、目はシール、額のGストーンはクリアーパーツが使用されていました。

gg10
背中のストッパーを外して、ライナーガオー合体時に使用します。

gg12
肩パーツの外側は展開でき、腕を外側への可動域を広げることができました。

add26
腕はヒンジで前や横に引き出すことが可能でした。


a100
ヘッドは前後に少し、左右回転など可動域があり、腕は前後に回転可能で横には約80度まで上がりました。肘はほぼ180度曲げられ、脚は前方に90度でひざは120度曲がり、脚は横に80度ほど横に上がりました。

j01
j02
j03
腰は上に引き延ばした後で、後ろには80度、前方には50度ほど曲げることができ、横には30度ほど傾けることが可能でした。


j04
j05
股間のカバーを取り外すと脚の付け根を移動させることができ、前後ともに100度近く上げることが可能になりました。

j07
ガオガイガー合体時には、太もものカバーを左右に展開できます。

 

ライナーガオ
lg01
ガオガイガーの肩と腕を構成するライナーガオーです。ガオガイガー放送当時(1997年当時)の新型であった500系新幹線をモチーフにしており、前後2車両から構成されています。

lg02
ガオガイガー合体時に擦れてはがれることからか、窓部分はプラスチックシールが使用されていました。

lg03
先頭のライト部分はクリアーパーツが使用されていますが、後ろからはめる際に力を入れすぎると周りのブルーのパーツが少し白化してしまうのであまり強く押し込まないほうがいいみたいですね。
add206
裏には車輪が設けられており一応回転できますが、転がし走行は無理でした。この部分が合体時に下に引き出すのですが、少し触ると元に戻りやすいのが残念でした。

ドリルガオー
dg01
dg02
ガオガイガーの両脚部分になるドリルガオーです。

add205
ドリル回転ギミックはありませんが、キャタピラは両方とも前後に動かすことが可能でした。


ステルスガオー
sg01
sg02
ガオガイガーの背中を構成するステルスガオーです。アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機をモデルにしているようです。

sg06
上面にはヘルアンドヘブン時に展開する排気口や、左翼部分にはGGGのマークがパーツをはめ込んで再現されていました。

sg08
背面にはガオガイガーの左右の前腕部分パーツと、合体時のギャレオンのたてがみを構成するパーツが左右に設けられていました。

add210 (1)
ガオガイガー合体時には、背面部分を開いてガオガイガーヘッドを引き出します。

ガオガイガー全体像 
add50
ggg02
ggg03
ggg04
3体のガオマシンとガイガーが超人合体して、勇者王ガオガイガーが完成します。プロポーションは違和感なくまとまっており、ほぼ劇中のイメージ通りに造形されていました。


(各部)
h01
h02
h03
頭部はガイガーの頭部にヘルメットとマスクをそれぞれ装着する仕様となっており、目はガイガーと共有になっていました。 この状態だと見栄えは問題ないですが、頭部を上下に動かした際には目の上の隙間が開いたりマスクが外れることがあるのが気になりました。

gmark
額にはG ストーンがガイガーとは別に設けられており、中にGの文字が小さいながら再現されていました。

d04
ガオガイガーのマスクはステルスガオーに連結されていますが、ヘッドを左右に動かすと簡単に外れてしまうので頭部を動かす際は外したままのほうが良いかもしれません。

b01 
胸部はステルスガオーのたてがみパーツをギャレオンの頭部の左右から接続しており、イメージに近い造形を再現していました。


b02
ギャレオンのあごの部分は別パーツなのですがそのまま取り付けると非常に外れやすいので、取り外すことはないと思うのでここだけは接着したほうがいいと思います。  


b04
腕展開時や合体時には肩部分の車輪部分は下に引き出すのですが、少しでも触ると元に戻ってしまうので固定できるギミックがあってほしかったですね。

 

d01
d02
ハンドはステルスガオーとの接続パーツで押し出すことで前方に展開できます。左手にはプロテクト・シェード発生装置の4つの部位がクリアーパーツで再現されていました。

c01
背中はステルスガオーそのままなので省略

d06
腰部分はガイガーの状態より左右に展開して再現できます。

l01
l02
l03
l04
脚部分はガイガーの脚をセットして完成します。ただそこまでしっかりと脚をドリルガオー部分に固定できないにで、完成済み製品などよりは若干不安定でした。

大きさ
comp
大きさはガオガイガー状態で身長が17センチくらいで、RGゴッドガンダムやフィギュアーツ孫悟飯よりも大きかったです。

(オプション)
op01
ガイガーハンド(開き×2)、ジョイント(ステルスガオー、ライナーガオージョイント)、ジョイント(ディスプレイ用×2)、ジョイント(
ガイガー、ガオガイガー用)、ブロウクンマグナム用ジョイント、ヘルアンドヘブンハンド 

add30
o03
ジョイントはガイガーとガオガイガー時に股下に接続することができます。別途アクションベース4などのスタンドが必要です。

add40
ジョイントで、ライナーガオーとステルスガオーを連結できます。

o01
ジョイントを用いて、ステルスガオーをアクションベース4などに接続してディスプレイできます。

z01
ハンドを取り外して、ヘルアンドヘブンハンドを腕の左右に接続して使用できます。

z09 (1)
腕にジョイントを取り付けて、アクションベース4などに接続してブロウクンマグナム発射状態を再現できます。

op02
プロテクト・シェードエフェクトパーツ、エフェクト接続用パーツ×2、ディバイディングドライバー


z08 
z07
専用パーツを左手に取り付けてからエフェクトパーツをセットして、プロテクト・シェード発動状態を再現できます。

 

ディバイデイングドライバー
op04
劇中では空間を湾曲させて敵の攻撃を防いだり、街への被害を抑えるために使用されるディバイデイングドライバーも付属します。先端と中央のシリンジ部分は金属パーツが使用されていました。

op07
ドライバーの先端部分には、目立たないですがオレンジのクリアーパーツが使用されていました。


z09
z10
ドライバーの中央部分あたりがスプリングにより前後に伸縮します。 ただ電動などではないので、自分で押して縮める仕様となっていました。

z11
ドライバーは左腕にはめこんで装備することができます。

(可動性)
a01a02a03 (1)a03
ヘッドは前後は少しの可動域があり、左右にも回せますがその際は接続されたパーツを外したほうが可動域も広かったです。

a10
腕は肩を軸に前後に回転が可能ですが、ステルスガオーがあるので前後180度までの回転が可能でした。腕は横には100度ほどまで上がり、肘は140度ほど曲がりました。 

add51 
またギャレオン頭部の左右のたてがみは後ろに折りたたむことができ、ヘルアンドヘブンのポーズ時に腕の動きに干渉しにくくなっていました。

a13a15 (1)a11a15
ガイガーの腹部を引き延ばして可動域を拡張した状態で、前後に30度ほど曲がり、横にも30度、左右には45度ほどまで回転が可能でした。


a16
前方スカート部分は上下左右に展開が可能で脚の可動域を妨げないようになっていました。

a17a20
脚はガイガー部分の接続部の位置を変えた状態で前後には90度上がり、膝はキャタピラ部分を下げると120度ほど曲がりました。さらに横には80度まで上がり、足部分は内側方向のみ可動域がありました。


z06z02z04
ハンドは指関節がそれぞれ曲げられ左右に指を開くこともでき様々なポーズが可能でした。ただ人差し指と小指の接続部が割と外れやすいのが残念でした。




(そのほか) 
gi22
gi30

gi10
gi11
gi12
gi20

ステルスガオー装着時
p34
 
ドリルガオー装着時
p100
p35
ドリルガオーをガイガーの腕に装着できますが、どうも説明書のとおりだとしっかりと腕にドリルガオーをしっかりとセットできないので、攻撃ポーズ等でのディスプレイはやりにくいのは残念でした。



ファイナルフュージョン

p22

p23
ガイ「ファイナルフュージョン!!!」

p24
p26
p27

add07
add09
add10
add05
add06
add02
add04
マスクは劇中ではヘルメット(頭部)に繋がっていましたが、この商品ではそうでないので前において再現しました。 


p09
p10
gggg
ガイ「ガオ・ガイ・ガー!!!」 

p14
ガイ「ドリルニー!」

p13
p15
ガイ「ブロウクン・マグナム!」

 
p20

p21 
ガイ「ディバイデイング・ドライバー!」

p11 
ガイ「プロテクト・シェード!」


add20
ガイ「ヘル・アンド・ヘヴン!」

add01
ガイ「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ・・・」

z01 (1)
ガイ「うぉぉぉぉぉ!!」

p06
ガイ「はぁぁぁぁぁぁっ!!」

add23
ガイ「でぇやああああああ!!!!」

p02
ガイ「ふんっ!」
ゾンダー核はないので、核はドラゴンボールのエフェクトパーツで代用

 
last02
「僕らの勇者王、ガッガッガッガッガオガイガー!」
ナレーション(小林清志)「これは、人類の存亡をかけて戦う、熱き勇者たちの物語である」

このナレーションも今後新しく再録されることもないのが悲しいですね。


以上、RG 勇者王ガオガイガー ミニレビューでした。 




(総評)
ガオガイガーは勇者シリーズでも好きな作品でしたが、超合金魂やPOSE+の値段に躊躇して手が出せずいたので、RGで発売とのことで購入してみました。劇中設定と同じくギャレオンからガイガーへと変形可能で、ガオマシンの装着も可能でした。ガオガイガー合体も再現されており、合体時でも可動性は高めでヘルアンドヘブン等の劇中ポーズもオプションパーツによって十分にとることができました。完成度は高いと思いますが、ガイガー時のドリルガオー装着がしにくいことや合体時の関節が少し緩いなど通常ROBOT魂や超合金魂などを買っている人だと少し扱いにくいかもしれませんね。ガオガイガーのマスクやギャレオンのあごパーツなど外れやすいパーツは、個人の判断で接着したほうが扱いやすくなると思います。

今回はすべてのデカール使用やトップコートも吹いていませんがそれでもなかなか見栄えは良く、超合金魂など完成品には手を出しにくくて変形合体可能なガオガイガーが欲しい人には作る手間はそこそこありますがぴったりの商品だと思います。私のゴルディマーグ注文分は二次出荷分なので到着はまだですが、今後ディメンションプライヤーやスターガオガイガー拡張セットも出るかもしれませんね。

それでは今回はこれにて。


RG ゴルディーマーグ【3次:2023年3月発送】

(関連レビュー)
RG ゴルディーマーグ

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます