METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘル ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘル ミニレビュー

top02
今回は、METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘル ミニレビューになります。




(全体像)
アクティブクローク閉状態
z01z02z03 p100
METAL ROBOT魂より、新機動戦記ガンダムWに登場するガンダムデスサイズの後期の改修機体デスサイズヘルが魂ウェブ商店限定で発売されました。以前に出たウイングガンダムゼロ等と同様に各部にダイキャストパーツが使用されており、肩のクロークの支柱や腕、胴体、脚部分の内部フレームに使用されて重量感がありました。アクティブクロークは開閉可能で、前後裏側にクロークサポートを取り付けることでより安定して閉状態を維持できます。


(各部)
h01h02h03h04
頭部は目と頭部のグリーン部分、バルカン砲周囲などがメタリック塗装となっており、頭部周囲の模様や造形もサンプルから劣化なく再現されていました。


b01 (1)
b05
クロークを閉める際は、中央部をはめ合わせて閉じることができます。

b11b13b06
b10
クローク表面の模様やオリジナルのマーキングも綺麗に施され、ディテールにもこだわっていました。ただ私の購入分ではクローク表面一部に汚れがあったのが残念でした。 

アクティブクローク開状態
o01 
o04
戦闘時のアクティブクロークの展開状態です。


o20o21o22
胸部、肩部、腕部にはオリジナルのマーキングが施されており、胸部ゴールドカラー部分にはメタリック塗装でインディゴブルーに近いカラーとつや消しのホワイトとグレーで塗装されていました。
なお肩のクロークの支柱部分や腕の関節などのダイキャストパーツには、電解メッキが施されており高い質感を再現していました。


o24o26
脚部分もつや消しのホワイトとグレー等で塗装されており、こちらも各部にマーキングが施されていました。

o03
r02 (1)r04
クローク裏側には、内部構造の再現とメタリック塗装が施されていました。

o10
腰部分にはツインビームサイズの可動型を折りたたんで短い柄を取り付けることにより、挟み込んでセットできました。ただこの部分が干渉するので腰の可動性は少し狭くなっている感じでした。

o12
バスターシールドは両腕に接続でき、ボールジョイントにより向きを少し変えることができました。

(オプション)
op01
ハンドは本体付属の握りに加えてハンドはサイズを握る左右2種類と開きのものが付属しました。

op02op03
バスターシールド、ツインビームサイズ可動、大型の二種類が付属します。可動版は先端を折りたたんだ形状に変形できます。


op05
ビーム刃(太、細)(長/短)、シールドエフェクト、サイズ柄(通常、しなり、収納)

r12
バスターシールドは両側が左右に展開でき、上部のバーニアも左右に可動域がありました。

o30
バスターシールドは上部バーニア及び両側が外側に展開でき、先端にエフェクトパーツを差し込んで展開状態にできます。

op30op31
ツインビームサイズにはビーム刃が大小どちらも装着でき、柄も通常としなり版両方とも使用が可能でした。


r06r07
ツインビームサイズの可動版は先端を折りたたんでビーム未発生状態を再現でき、3か所に可動部位が設けてありました。

r08
大版のツインビームサイズは先端部分のみ少し回転することができました。

 

op06
METAL ROBOT魂には標準装備の台座、支柱(大、小)、補助支柱、クリップ、ディスプレイジョイント、クロークサポートが付属します。


op40
ディスプレイジョイントはフィギュア下にセットでき、ウイングガンダムゼロなどよりもしっかりと固定できスタンド接続により安定していました。


zz01
クローク閉状態では、裏側にサポートを接続して安定化できます。 


p07
補助支柱とクリップはビームサイズを持たせたディスプレイ時に支えることができます。両手でサイズを持たせる際は全く問題ないですが、片手持ちの際には必要になると思います。

 


(可動性) 
r01
アクティブクロークの上部は前方よりも後ろのほうが大きく左右に回転でき、側面は90度ほど可動域がありました。クロークを支えるダイキャストの支柱部分も前後左右に少し可動域がありました。 また前後にもクローク閉状態の再現のため可動域は高かったです。

r02
肩のクロークは可動軸が2つ設けてあり、クローク閉状態や展開時に可動性を高めていました。

a02a03a04a05
ヘッドは前後にはそこそこ可動域がありますが、襟が干渉するので左右には少し動かしにくかったです。

a10a07a06
腕は肩から引き出すことができ、腕をより正面に移動させることができました。腕はクロークの支柱が干渉するので真上には動かしにくかったです。

a11
腕は横には約80度ほど上がり、ひじは約150度曲がりました。

a15a16
a13 (1)
腰は前後に20度ほど可動域があり、左右には70度ほど回転が可能でした。

a12
脚はウイングガンダムゼロと同様に付け値が前方にスイングでき脚を90度上げられ、ひざは140度ほど曲げられました。横には160度ほど開脚が可能でした。また腰のスカート部分前面と側面も上方に90度ほど上げることで脚の可動を妨げないようになっていました。

a13
足先は60度ほど下に可動し、左右にも若干可動域がありました。


(そのほか)
p10
r11
p03p02p05p04p01
p31

r06 (2)r07 (1)
ハイパージャマー起動の感じで。ハイパージャマーは今回は固定式なので向きを少し変えられるともっとよかったですね。


p34add100top03
p36 (1)
スパロボで、デュオ「これで、終わりだぁぁぁぁ!!!!」と言ってツインビームサイズを振り下ろす演出が非常に好きだったのでその感じで 

p32 s01s02

top05
r10
ウイングガンダムゼロと。今後はアルトロンが出ますが、それ以降も順調に出そうですね。

top02
以上、 METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘル ミニレビューでした。



(総評)
以前のウイングガンダムゼロの次に好きだったデスサイズヘルということで購入。アクティブクロークの分ボリュームもかなりあり、クローク閉、展開状態はもちろんのこと、各部のカラーやマーキングも施されリアルかつ高級感を併せ持っていました。オプションも可動と大型のツインビームサイズや柄の交換などが可能で、ビームサイズを振う戦闘ポーズに対応できました。可動性はヘッドと胴あたりは狭めですがそれ以外は高く、関節も適度に保持性が高いのでポーズも付けやすかったです。個人的にはディスプレイジョイントがウイングガンダムゼロなどよりもしっかりと本体を固定できるので、スタンドを使った際に安定してディスプレイできる点もよかったと思います。今回のデスサイズヘルはなかなかカッコよく満足する出来だったので、今後出る予定らしいGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEのガンダムデスサイズヘルカスタムも期待でしたいですね。

それでは今回はこれにて。



METAL ROBOT魂 <SIDE MS> アルトロンガンダム

(関連レビュー)
METAL ROBOT魂 ガンダムエピオン
METAL ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます