!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

S.H.Figuarts アストラ ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

S.H.Figuarts アストラ ミニレビュー

 topas
今回は、S.H.Figuarts アストラ ミニレビューになります。

 





(全体像)
r01
r02
r03
r04
S.H.FiguartsよりTVシリーズ「ウルトラマンレオ」よりアストラが発売。アストラはULTRAーACTブランドで2014年にリニューアル版がリリースされてから8年経っての発売となります。 体型はウルトラアクト版よりも劇中のプロポーションに近くなり、全体のデザインもスーツに近い造形になっていました。



(各部)
h01
h02
h03
h06
f07
顔の造形は上部の形状やサイドの耳の造形の違いなどレオとしっかりと再現されており、目はクリアーパーツが使用されており額のビームランプは塗装で再現されていました。 
  


add100
胸部のカラータイマーはレオのものよりも奥に反射材によってより綺麗に見えるようになり、胸部の周辺の形状も新規造形で違いを再現されていました。


b20
身体のスーツ部分とグローブ部分はレオと同様に二色で塗り分けられており、腹部のマークの再現されていました。手にはシワも造形で再現されていました。

b03
背中の形状や塗装も問題ない仕上がりでした。肩から続く装飾や背中中央のラインなどレオとの違いも再現されていました。

l01
l02
l04
マグマ星人に取り付けられウルトラマンキングでも外せないというマグマチックチェーン(足輪)は造形で再現されており、ウルトラアクト版と同様にチェーン部分は金属製となっていました。


 l10
脚とブーツ部分のカラーの違いも塗装で再現されており、ブーツもしわが造形で再現されていました。


(オプション)
op01
ハンドは計10種類付属していました。

op02
ウルトラダブルフラッシャーエフェクト&ハンド、ウルトラキーが付属していました。

op03
ウルトラダブルフラッシャー用胸部交換パーツ&カラータイマー(赤)。カラータイマーは胸部交換パーツから取り外すことができます。

op30
ウルトラダブルフラッシャーエフェクト&ハンドは、胸部交換パーツと使用して、劇中通りのポーズをとることができます。ただエフェクトが外せないことやレオには胸部交換パーツがないので、レオが前のバージョンのウルトラダブルフラッシャーやウルトラマンゼロを使用してゼロレオダブルフラッシャーには利用できないのは残念でした。


(可動性)
a01
a02
a03
首はレオと比べて細めのパーツが使用されているので、前後左右ともにレオよりも可動性は向上していました。

a05
首の太さが細くなっているおかげで、左右もレオよりも可動性が高く360度回転が可能でした。

a06
腕は横に約90度ほどまで上がりますが、ひじは腕の部分が干渉するのでレオよりも可動域は少し狭かったです。


a07 (1) 
a07
a08
腰はレオよりも細めになっていましたが、胸を反らせるポーズでも腰部分に隙間が見えず後や左右の可動域はほぼ同じ可動性がありました。

a12
脚は引き出し機構などはありませんが、前方には90度上がり、ひざは150度曲がりつま先は80度ほど上に可動域がありました。

a13
左右には140度ほど開脚が可能でした。


(そのほか)
p01 (1)
p01

レオと
p13
 add10
p02 
劇中ではないですが、ダブルキック 

p06
plast
ウルトラダブルフラッシャー

にせアストラ
p30

p09 add20
ウルトラキーといえば、破壊したウルトラマンキングのフィギュアーツ版での発売も待たれますね。 

p12
ウルトラキーを修復した 「ウルトラダブルスパーク」 のポーズ

p21
p20 
劇中ではなかったと思いますが、以前出たゲームではレオ同様のキックがあったと思うのでその感じで。キックエフェクトはレオのものをそのまま使用可能でした。

p22 
レオの怪獣はフィギュアーツ化されていないので、先月再販されたゴモラで代用

p11
最近は映像作品やフィギュアやソフビのリリースでもウルトラシリーズの勢いがかなりありますが、アストラは人間態がないので今後の作品で出てきてほしいですね。

以上、S.H.Figuarts アストラ ミニレビューでした。
 



(総評)
今回のアストラはレオとの共通パーツはなくほぼ新規造形となっており、首の可動性はレオよりも向上し腰も可動時に隙間が見えないように改良されていました。オプションもウルトラダブルフラッシャーのエフェクトパーツと胸部交換パーツによりレオとの合体技が再現でき、ウルトラキーも付属し劇中のニセアストラの状態も再現できます。ただひじは腕輪が干渉するので、レオよりも可動部位が狭くなっている点が気になりました。

フィギュア単体の出来は良く単体でも楽しめると思いますが、やはりレオとの連携した活躍が印象的だったこともありレオとともにディスプレイしたほうがより魅力は上がりますね。あと魂ウェブ商店で発売予定のウルトラマンレグロスとも連携した活躍があるようなので、レオとアストラを持っているならばレグロスも加えてもいいかもしれません。

ウルトラアーツは現時点では昭和ウルトラマンの発売予定はありませんが、ウルトラマン80、ユリアン、ウルトラマンキングやウルトラの父、母あたりまで出るのか気になりますね。

それでは今回はこれにて。

 



S.H.Figuarts ウルトラマンレグロス

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます