METAL BUILD ストライクノワールガンダム (オルタナティブストライク Ver.)レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

METAL BUILD ストライクノワールガンダム (オルタナティブストライク Ver.)レビュー


p11
今回は、TAMASHII NATION 2022開催記念商品 METAL BUILD ストライクノワールガンダム (オルタナティブストライク Ver.)のレビューになります。





(全体像)
n01n02n03n04
バンダイのメタルビルドシリーズより、『ガンダムSEED STARGAZER』に登場するストライクノワールガンダムがTAMASHIINATION2022開催記念商品として発売されました。すでにメタルビルドのストライクガンダムは2018年に発売されたエールストライクガンダムに始まりかなりの数のバリエーションが発売されていますが、このノワールもエールストライクガンダムをベースとしたバリエーションの一つとなります。基本構造はエールストライクガンダムと共通しているようですが、カラーはライトグレー、ダークグレー、レッド等が使用され各部に専用パーツやマーキングによりストライクノワール特有のデザインが再現されていました。



(各部)
h01h02h03
頭部の外形はエールストライクガンダムと同じようですが、カラーリングとアンテナ、顔周辺のデザインは異なっており、側面のバルカン砲?
の形状が異なっていました。目はメタリック塗装が施されているのはエールストライクと同じようですが、その部分は細くなっていました。
 
b01b02b03
肩部にはマーキングが施されており、 一部はエールストライクと同じデザインが再現されていました。胸部形状はカラーの違い以外はエールストライクと同じようでした。


o01o02
腰回りのスカート?部分の形状はエールストライクと異なっており、下部のスリット内にはバーニア状の形状が再現されていました。肩部、腹部に施してあるマーキングは、一部エールストライクと同じものも使用されていました。

s01s02
腕はひじより上はエールストライクと同じ形状のようでしたが、肘より下は別パーツが使用されており異なった形状が再現されていました。

o03
背中のスラスターもエールストライクと同様に、下に移動させてノワールストライカーを接続できます。

l01l02l04l10
足の形状はエールストライクと基本は同じですが、カラーリングとひざの足首のパーツの形状とマーキングが異なっていました。また脚の後ろのバーニア内部構造も異なっていました。



(オプション)
ノワールストライカー
op01op02
ノワール専用のストライカーパックが付属し、エールストライカーパックと同様に本体背中に取り付ける仕様となっています。私は過去にエールストライクしか買っていなかったのでそれ以外のものはわかりませんが、エールストライカーパックとは違ってダイキャストフレームによってウイングを左右上下に動かせ、ウイングモード変形やビームブレイドの着脱にも対応していました。

op03
ビームライフルショーティー(×2)、高エネルギービームライフル(×2)
op05
ビームライフルショーティー用ストック(×2)、高エネルギービームライフル、ビームブレイド用ビーム刃(
×2)

op06
台座、支柱、補助支柱基部(上、下) スタンドは他のメタルビルドと共通なので省略しますが、今回の支柱はディスプレイスタンドと支柱サポートを取り付けることでより安定してストライクノワールを支えることができました。

op07 (1)
ハンド、武器用手首と開き手首の計10種類が付属

op07
サブ支柱、クリップ×2、ビームサーベル刃×2、アンカーランチャー×2、補助支柱×2

op09
肩ユニット(×2)、サーベルホルダー(×2)、マガジン(右、左)、ディスプレイジョイント、支柱サポート 

g01
後部スカートに、カバーを外してサーベルホルダーを左右にセットできます。

 

g04 (1)
高エネルギービームライフルは、横のグリップが180度回転できます。


g04
g02
高エネルギービームライフルは、矢印部分を展開して後方のスカートにセットすることもできました。ただ腰にビームライフルショーティなどを取り付けると干渉するので角度等調節が必要でした。


g05g07g23
アンカーランチャーは、専用ハンド、足裏(×2)、背部の計7個所にセットすることができました。

g08
高エネルギービームライフルは、グレネードランチャーが取り外し可能でした。

g09
側面の接続部位を展開して、腰にセットすることもできます。

g10g15 (1)g14
ビームライフルショーティーは、マガジンの取り外しやストックの取り付けと展開が可能でした。

g15
ビームライフルショーティーは腰に取り付けられ、基部が回転するので取り付けたままビームライフルの回転が可能でした。

g20
サーベルホルダーと同様に、マガジンホルダーを背部スカートに取り付けることができます。

g21
サブ支柱はディスプレイジョイントは介して下から取り付けられ、ノワールストライカー装着状態で自立させる場合などに安定したディスプレイが可能でした。

g31
ノワールストライカーに装着されているビームブレイドは、ビーム刃を取り付けることができます。
 
ノワールストライカーなど装備
u01u02u03u04
ノワールストライカーパックなど装備。この状態で自立が少し不安定になる場合は、サブ支柱を使って自立させるとよいと思います。 
 

g30
ノワールストライカーパックのウイングは、3つに展開することができます。

g51
ウイングのダイキャスト支柱の可動軸を回転させることで、ウイングモードを再現できます。可動部位はクリック式になっており、現時点では補助支柱なしでもウイングモードを安定して再現できました。

p103g53 
ウイングからリニアガンを引き出し、上部と砲身を展開することができます。

(可動性)
a01
a02a03a04
頭部は首と連動して前後左右に30度ほど可動域があり、左右にはそれぞれ90度ほど回転が可能でした。

add01
エールストライクガンダムと同様に、肩のダイキャストパーツが展開できました。

a05
エールストライクと同様に、ノワールストライカー未装着時には背部バーニアを上部にセットすることができます。

a08
これもエールストライクと同様に、肩パーツの前部が45度ほど前方に展開できます。

a10a11 
腕前後には360度回転可能で、横に120度ほど上がりました。ひじは180度近く曲がりました。


add200
前腕部はエールストライクと同様に、中央部分で少し可動部位がありました


a13a14
胸部は後方はほとんど動きませんでしたが、前方には腹部がスライドして30度ほど曲げられました。

a15a16
腹部は左右に20度ほど傾けられ、左右には45度ほど回転が可能でしたが腰パーツに擦らないように注意が必要でした。

a18a20
add04
スカート部分は上方に上げられ、脚の可動を妨げないようになっていました。前方のスカートは、ストライクフリーダムガンダムのものと同様に左右に少し展開できました。


a21
脚は前方90度弱まで上がり、ひざは180度近くまで曲げられました。

a23
横には約120度ほどまで開脚できました。

a25
脚は後ろには50度ほどまで上がり、足はつま先に上下に可動域がありました。一方左右には硬いこともあり接地性は低めでした。

a26a30 (1) 
かかとと足裏のバーニアはそれぞれ矢印の方向に展開することが可能でした。


 

 
(そのほか) 
p53
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZERは残念ながら未見なのでポーズは劇中に沿ってはいませんがご容赦を

p06
p03p04p11p12p100p101p15p17 (1)p17p18 (1)
p10 p51
p20
 vs01
本来はスターゲイザーガンダムがライバルのようですが、ないのでちょうどディスプレイしていたストライクフリーダムガンダムソウルブルーと

以上、METAL BUILD ストライクノワールガンダム (オルタナティブストライク Ver.)レビューでした。
 

(総評)
以前メタルビルドエールストライクを所有していましたが、今回カラーリングも大きく違うデザインが気に入り購入しました。基本はメタルビルドエールストライクガンダムと共通ですが、ダークなカラーリングと各部に新規パーツを使用することで通常のストライクとは違ったカッコよさがありました。武器はビームライフルショーティーなど5つのライフルとビームサーベルとビームブレイド計4本が付属し、射撃や近接戦闘ポーズに対応できます。ノワールストライカーも通常から展開、ウイングモードにもでき、ブレイドを取り外して装備できるなど拡張性がありました。また私は未所持ですがランチャーストライクやストライクルージュ等との連動が可能なので、それらを所持している人はさらに遊びの幅が広がると思います。

気になった点は、各関節が固いのと最近のメタルロボット魂等にはある肩引き出しなどの可動性拡張機構など改良があるとさらによかったですね。なおこのメタルビルドストライクノワールは魂ネイション2022の抽選販売もあるので、欲しい人はまずそちらに申し込んでみることをおすすめします。

魂ネイション2022事後販売11/18(金)10時~12/19(月)23時


メタルビルドシリーズでは予定はないですがストライクノワールのライバルであるスターゲイザーガンダムなどの展開にも期待したいですね。

それでは今回はこれにて。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます