!当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スマホ版で表示する
※タブレット及びスマホでアクセス時のみ
PCブラウザ表示非対応

超合金 ガンダム・エアリアル ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

超合金 ガンダム・エアリアル ミニレビュー

  p104
今回は遅れましたが、超合金 ガンダムエアリアル ミニレビューになります。



(全体像)
e01e02e03e04
機動戦士ガンダム水星の魔女より、主人公スレッタ・マーキュリーが登場するモビルスーツガンダムエアリアルが超合金ブランドで発売されました。すでにプラモデルやROBOT魂でも発売されていますが、今回はそれらよりも大きい全高は18センチとなっていました。全体のホワイトカラーは成形色のようで各部にはマーキングが施されており、胸部、腕、脚などの各部にダイキャストパーツが使用されていました。


(各部)
o01o02o03
顔は額はクリアーパーツが使用されており中には赤いメタリック塗装が見え、耳は光沢の強いゴールドカラーが使用されていました。目にはメタリック塗装が施されていました。
胸部の襟部分にはゴールドカラーのダイキャストパーツが使用されており、その左右にはクリアーパーツが使用され中が少し透けて見えるようになっていました。

ba02
背中のバックパックを取り外すと、目のライトアップのスイッチがあります。

ba04ba03
ライトアップ点灯状態。目の部分は塗装があるためあまり強く光っては見えませんでした。その代わり頭部後ろはかなり強く発光しました。

b01b03b07
肩や腕部分の関節にはダイキャストが使用されており、肩や胸部にはマーキングが施されていました。

b04
背中のスラスター部分にはダイキャストパーツが使用されており、中央には濃いブラックのクリアーパーツが使用されエアリアルの型式番号がプリントされていました。

b08b11
前方の太もも上部にはクリアーパーツ、ひざとすねにはダイキャストパーツが使用されており、背面では太ももと膝裏に使用されていました。腰部分には前部2つ、側面に一つずつ別パーツがあり、ボールジョイントにより前後に動きますが脚を大きく動かすと外れやすかったです。

b09b14
足は前後と足首でパーツが分割されており、側面部分にも型式番号のマーキングが再現されていました。

a60
大きさ比較。フィギュアライズスタンダードスレッタ、超合金エアリアル、ROBOT魂エアリアルになります。ROBOT
魂とは胸部ブルーカラーやゴールドカラー部分の違いがありました。

(オプション)
op01
ハンドパーツは、本体の握りと加えて計10個付属しました。

op02
ビームライフル、交換用アンテナ


op03
ライフルエフェクト、ビームサーベル刃×2

op04
ビームサーベル柄×2、手首補助パーツ×2、ライフルマウントパーツ、シールド持ち手×2、スタンドパーツ

a101
ビームサーベルの柄はバックパック上部にセットでき、前後に可動しました。

op06
シールド骨組み


op08
台座用補助パーツ


op09 
エアリアルに装備され、自立攻撃やシールドへの合体が可能なガンビットも付属しています。肩に装備する一部パーツにはダイキャストが使用されていました。

 

v01
一部ガンビットは劇中同様にライフルに装備することもできます。


p02 (1)s01
ガンビットは、シールドベースを元にシールドに組み立てられました。

g03
シールドは補助パーツと腕の二か所にしっかりとセットすることができます。

 

ガンビット装着状態
u01
u02
ガンビットを全身に装着した状態を再現可能。

g01
補助パーツを使用して、手首の位置を固定することができます。ただこのパーツを使用しても、握り手部分からライフルが傾くのが残念でした。

g06
ジョイントをバックパックに取り付けて、ライフルをマウントすることが可能でした。

g02
ディスプレイジョイントを股間にセットして、安定して支柱に固定することができます。


g05
台座はメタルビルドなどに近いものが付属していましたが、しっかりはしていますが支柱の造形など若干簡略化された感じでした。

op10
武器やエフェクトパーツなどを、台座の上のフォルダーにセットしてディスプレイすることが可能でした。



(可動性)

a02a03a04
首は無可動のため、ヘッドのみ前後左右に少し傾けることが可能で、左右には360度回転が可能でした。

a05
腕はひじが120度ほど曲がり、上腕部は肩を軸に、下腕部はひじを軸に内側に60度曲がり360度回転が可能でした。



a51a50
腕は肩から少し引き出すことができ、腕を前方に寄せることができました。また肩上部パーツは少し上に動かせ、腕は横には90度ほどまで上げられました。



a100
脚は横には60度まで横に上げられますが、それ以上は腰パーツが外れてしまいます。前方にも80度まで上げられました。 また腰は360度回転が可能ですが、前後左右に曲げることができませんでした。足は前部後部ともに内側に回転でき、接地性は高めでした。

a64
ひざは二か所の可動部位により、150度ほどまで曲げることができました。
 


(そのほか)
p100 p102
p20p100 (1)p25 
p101p104p30 (1)p03p02 
フィギュアライズスタンダードのスレッタと。なんかスレッタに傅いているような感じに。

p21
以上、短めですが超合金 ガンダムエアリアル ミニレビューでした。 



(総評)
造形はROBOT魂と同様に劇中に準拠したものとなっており、超合金ブランドということで各部関節や一部にダイキャストパーツが使用されていました。可動性は首や腰など一部を除き高いので、専用スタンドを使用したポーズには問題ありませんでした。ガンビットの装着やシールド再現もでき、スタンド付属なので安定したディスプレイが可能でした。

一方で各部マーキングは施されているものの塗装部分は少なく、腰のスカート?部分が外れやすいなど気になる点はありました。また超合金ブランドというもののダイキャスト使用比率は低く、目のライトアップギミックもあまり明るくなく価格相応にもう少しダイキャスト使用パーツやギミックはがんばってほしいところでした。


メタルビルドやDX超合金と同じ感じと思って購入すると物足りなさを感じますが、造形は大きな問題はなく動かしやすいので完成品のエアリアルでROBOT魂版よりも大型かつ頑丈に作られているものが欲しい人はいいかもしれません。

それでは今回はこれにて。






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます